auto 広告

スポンサーリンク



結婚式・披露宴の日取りを決める時、避けるべき日ー管理人のつぶやき

今は、披露宴のプランのカテゴリーをやっている最中です。どんな披露宴にするか、楽しくも悩ましい問題ですね。

今回は結婚式・披露宴の日取りを決める際、気をつけるべきことのお話など。

まず、予約をする際、「この日安いね、お得!」という日は、人気のない余りよろしくない日程と考えていいでしょう。安易に飛びつくのは要注意です。

よくあるのは、「六輝(六曜)」です。先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口。
大安はご存知の通り、何事にも最適とされる吉日。式場は大人気です。次が友引、友を引くと言われ婚礼に良い(※正午は凶)と言われています。先勝も午前中の婚礼の場合は吉ですが、赤口は厄日、先負も控えめが吉ということで結婚には向かない日となっています。そして仏滅は凶日!人気の式場でもこの日は空いていることが多いです。
私はこれ、しっかり占いでこの日は大安!この日は仏滅!みたいに決められているのかと昔は思っていたのですが、単純に順番なんですよね。ずっと「先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口」が順繰りに繰り返されているだけ。じゃあ、こんなの当たらないよね?と思いますが、年配の方ではこだわる方が多いので、親戚を招く披露宴では仏滅は選ばない方が良い、と思います。
さらにもう一つ。これ、中国から入ってきたものですが、中国ではとっくに廃れて、気にしているのは日本だけです。だから意識が変わる日も、そう遠くないかもしれないですね。

次に迷信ではなく避けた方が良い日程は、年末年始、(飛び石)連休です。
「観光もできて一石二鳥じゃない?」
と言っていた女性がいましたが、ウェディングハイと速攻突っ込まれていました。連休には家族旅行など、自分のためのレジャーを楽しみたいのです。勝手に結婚式以外の予定も決めてはいけません。また既に連休に予定を組んでいる可能性もあるし、普通の週末の方が参加しやすいです。

暑い夏、寒い冬は、結婚式場でも割引がある時期ですが、招かれる方は天候により、非常に大変なのだと認識しておきましょう。
雪の降る地域?行くだけでも大変です。華やかだから振り袖で来て欲しい?真夏の炎天下ですが。

以上、日取りを決める時のお話でした。何はともあれ、親・親族も参加するなら、事前にリクエストを確認し、擦り合わせをしておくのが最も大切です。

rectangle 広告

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする