双方の意見が食い違っていることがわかり困っていますーBBSより転載

♥りんこさん
こんにちは。以前両親の顔合わせの件で相談させていただきましたが、おかげ様で終始和やかに、無事終えることができました。そして、これからのことを、両親の意見も持ち寄って、決めることができました。そして、考えていかないといけないことが、山積みです。まずは結納ということなんですが、日取りは8月の御盆と決まったのですが、顔合わせの時点では、内容はあまりくわしくは話し合われませんでした。しかし、その後両親の意見を調整していくと、双方の意見がくいちがっていることが分かって、困っています。私の両親はきちんと結納をしてほしい様で、あちらの両親は簡単でいいのでは。。。ということです。顔合わせの時には、「結納のことは、そちらの(男の)方で決めてもらって良いです。」と言っていたのに、いざ「指輪だけ」となると、やっぱり形にこだわる、と言いだしたのです。間に挟まれて、どうすればいいのか分かりません。彼は、親には頼りたくないの一点張りで、もし形にこだわるのであれば、自分で出すというのです。心の中ではうれしいのですが、これからの生活を考えると、余裕が無くなるし、(結納は二人で考えた予算には入っていませんでした)やはり、私が親を説得して、「最近のやりかただから・・・」といって納得してもらうしかないのでしょうか。娘を嫁に出す、という親の気持もわからないでもないので、心苦しいのですが。何かアドバイスなどありましたら、お願いします。

こんにちわ、りんこさん。顔合わせが済んでよかったですね。これから着々と準備が進んで行くことと思います。おめでとうございます★
さてご相談の件です。実は、私たちも両親の意見が違っていました。りんこさんの彼さんと同じように、こちらの彼も親には頼れないと言って、お互いにどこまでやるべきなのかと2人でとりあえずとことん話し合いました。まずはご両親の意見より、ご自分達の意見をまとめられるとよいかと思います。
結納品もどの程度がよいのか、式場の担当の人に標準といわれるのをこまごまとしたところまで私たちは聞きました。聞いた段階で、どの程度までなら自分達でできるのかという「めやす」がこの時につきました。
「両家にとって、失礼のない程度」でということで私たちは関東式の、お互いに結納品を取り交わすというスタイルにしました。他にも結納品を彼さん側からいただいて、りんこさんのお家では受書だけを渡すというものもあります。(ご参考までに)
自分達でできる範囲を言って「これ以上はちょっと・・・」ということを事前に伝えておくとご両親もきっと納得されるでしょう。もしかすると、ご両親もいろいろと本をご覧になっているかもしれません。いろいろな様式があるので、それらを紹介しておくことも手かもしれませんよ。
結納自体は短時間で済んでしまうので、私たちは顔合わせを兼ねて、その後食事会にしました。式場にある個室を借りたのですが、雰囲気もよく和やかなムードになりました。りんこさんたちはすでに顔合わせをされているのですから、少しは楽な気持ちになるのではないでしょうか?
結納が終った後、両親は「結納品をこんなに交わさなくてもよかったのに」と口では言いつつ、嬉しそうな感じでした。よい結納ができることをお祈りしています♪(タバサさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする