退職で父親と大喧嘩ーBBSより転載

♥ジンコさん
昨日、父親と大喧嘩をしてしまいました。理由は、私の退職の件です。私は来月か再来月に退職を考えています。その事を始めて両親へ話したのです。
父親は何故か私の会社をとても信頼していて、勤めている私よりも愛社精神があります。自分の娘がその会社に勤めていると言う事だけで、鼻が高いのでしょうか?
私が退職の意思を話すと、父親は「ダメだ!辞めるな!辞めるなら結婚は許さない!」「健康保険はどうするんだ!厚生年金はどうするんだ!分かっているのか!アルバイト生活か?」と言われてしまいました。
そもそも、私は今年の秋に結婚予定です。仕事を辞めたら彼の扶養に入る予定ですし、国民健康保険だってパートをして払えるようにはしていきたいと思っていました。それなのに、私の父親は一生「健康保険」「厚生年金」を自分の所得で支払わせる気持ちでいるようなのです。何故なのでしょうか?
彼に相談した所「俺は相当、信頼されていないのかな・・・」と思ってしまったみたいです。
そもそも、私の両親は学生を経て家業を継いだので、社会保険の仕組みを知らないって言うのも一つの原因だと思います。なので、娘の会社様が社会保険を全て手続き・支払いをして下さっている。そういう会社に娘が勤めている。と言うことで頭がいっぱいでした。
そもそも、私が退職をしてその退職金を私の貯金として結婚費用にしたい。と言ってしまっのがケンカの発端です。
昨日は私と父親が電話した後に彼も父に電話をかけてくれました。彼は「退職希望は聞いています。その後は迷惑かけないようにきちんと生活していきますので。結婚費用も足りなかった物は自分たちで工面できますので。」父は「一回話し合う必要があるな。」と言って電話を切ったようです。
以前から知ったかぶりの見栄っ張りの自意識過剰な父親が大嫌いでしたが、ここまで娘の会社に依存するとは思っていませんでした。就職もしたことが無く、社会保険の仕組みも知らない父親にここまで意味の分からない理由で退職を反対されて、私も少々困惑しています。これから、どう父親を説得していいのかも分かりません。。。
私は一生父親のために働き続けなくてはいけないのでしょうか?

しこりを残さないためには、お父さんがジンコさんたちに言いたいこと(お父さんが思っていること)、ジンコさんたちの希望をそれぞれじっくり伝え合った方がいいかなあ…と思いましたが、直接話すとこじれるのであれば、お母さんに間に入ってもらってはどうですか?お母さんは、どのように思ってらっしゃるのでしょうか?ジンコさんたち側の意見であれば、それとなくお父さんに話してもらうことで、お父さんもちょっとは冷静に考えられるかもしれませんよ。そして、ジンコさん側も、お父さんの本心?を聞けるかもしれません。どうかな?(ななさん)

会社を辞めても、会社の健康保険を任意継続という形で2年間まで継続することは可能です。しかし、全額自己負担となるので今までの倍の保険料負担となるので、国民健康保険の料金と比べて安いほうに、入籍するまで入ってはどうでしょうか。失業保険をもらっている間は、扶養に入れませんので、失業保険をもらうかどうかも考えて、扶養の手続き行ってくださいね。ちなみに、会社の保険を任意継続しようが、国民健康保険に入ろうが、病気をした時の自己負担は3割で同じなので。。。お父さんは、昔の負担割合(国民健康保険の割合が3割で、他の健康保険が1割や2割の時代)だと思っているのかもしれませんね。
次に厚生年金に入っているということは、国民年金の第2号被保険者(会社に勤めている人)なので、仕事を辞めた場合は第1号被保険者(自営業の人や学生等)か第3号被保険者(扶養されている専業主婦)に変更となるので、手続きをしないといけませんね。第3号の場合は、ダンナさんの扶養なので保険料を払う必要はありません。第1号は、月額13,500円ぐらいの支払いだったような気が。。。彼の扶養に入るのなら、彼の会社が手続きをしてくれると思います。とりあえず、彼に、どう手続きすればいいか会社に相談してもらうといいと思います。
お父さんは、自営業ということなので国民年金プラス厚生年金が出るなんて素晴らしいって思っているんでしょうね。でも、娘の会社に依存したって、もらうのはずうっと先だし、厚生年金をお父さんがもらうわけじゃないしね。
おとうさんが会社を辞めることで、娘にどのようなデメリットが生じると思っているのか具体的に聞けば(今の内容では何が悪いのかよくわかんない)、対策も立てれると思いますよ。がんばってください。(きよさん)

パート程度の働き方の所得とそれに対する社会保険って難しいテーマですよね政治家さんたちも頭をかかえている問題保険に拘って話合っても平行線かも
ジンコさんは旦那様の扶養に入るつもりなのですよね?現行では「年収130万円」が被扶養者となるかどうかのラインですから自分で社会保険に加入するということは、それ以上の収入があるということパートでその収入となると、相場の時給だとしたらフルタイムということになると思いますフルタイムで働ける時間があり、しかも現在魅力のある会社に在籍されてるのなら辞める必要はないのでは?となるかな ボーナスもあるしね
一日5〜6時間とか、週に3〜4日といった形態では保険に加入する資格が無いということです
まぁ、社会保険だけを基準にした話ですが
扶養に入るのが前提なら、社会保険は旦那様の保険料のみそうなると、妻名義として受取る年金は少なくなりますよね(ちなみに夫婦の年金は離婚したら折半できる制度になるそうですよ)それなら、民間の保険会社の年金積立などの商品に加入すると安心ですね
将来の対策は置いておいてお二人の望む生活スタイルがどうとかの精神論で説得させるしかないんじゃないでしょうか・・・(PEPEさん)

こんにちは。
私も前職をやめるときにいろいろ研究したんですが扶養に入るためには、年収が130万円以上を超えるとダメなんです。1月からの分でカウントするので、退職までの年収がいくらあるかを考えられたほうが良いと思います。(退職金、失業保険も収入に入ったはず)
扶養に入らなかった場合、会社から払ってもらっていた住民税・保険料・年金等々はすべて自己負担になります。私が前いた会社では、住民税は年払いしていたので、会社を辞めるときに在職中分を除いて会社が負担していた金額を請求されました。そしてさらに自分でも払わないといけない…(>_<)私は保険料も社会保険から国民健康保険に切り替えて、結局全部で40万円くらいとんでいきました…。退職金なんか申し訳程度にしかもらえなかったし、入社した年の4月分は先払いな扱いになっていたので、最終月は残業代分しか支給されませんでした。退職に伴う費用はかなりかかりました。入社してすぐからお給料をもらっている場合、こういう落とし穴もありますので、よく研究したほうが良いですよ〜。
年金は、厚生年金か国民年金かは、そう大きくは変わらないと思いますけど、会社で企業年金とか積み立てされていた場合は、年金+企業年金でたくさんもらえます。会社によってはやめたあとも月額積み立てを自分で出来るところもあるので、そういうサービスを使ってもいいかもしれないですね。#私は面倒だったのでやらなかったけど、やっておけば将来たくさん年金もらえたかなぁ・・・とちょっと後悔しました。(こももさん)

みなさんありがとうございます。とても参考になりました。年収によって変わってくるのですね。私はすでに年収は超えているので、今年は彼の扶養にはなれないようです。
失業保険は受給予定です。3ヶ月後からの受給になるので、それまでは彼と相談して生活していかなくてはいけないですね。
こももさん退職手続きに40万が控除されたのですか?それは凄いですね。。。私の会社の住民税は毎月控除でしたので返金は無いようです。現在、私は厚生年金ではなくて、今年から確定拠出年金に変わりました。退職しても個人で運用できるようなのでその手続きもしなくてないけないみたいです。。。
父には今日の夜に電話してみたいと思います。たぶん私の説明で分かってくれるとは思いませんが、どうして、彼の扶養になってはいけないのか、その事だけでも聞いてみたいと思います。(ジンコさん)

ちょっと紛らわしい書き方でごめんなさい。
退職手続きで請求されたのは、確か住民税の残額分だけだったと思います。私も給料から毎月引かれていましたが、会社としては年額支払いをしていたようで(そのほうがちょっと安くなるから??)年額払い分から退職月まで支払った分を引いた残額を請求されました。実質退職金から請求分を引いて退職金支給、って感じですね。
その後、市役所に国保・年金・住民税の切り替え手続きに行ったときに年度分の残りを一気に払ったので(ちょっと安くなるので)40万円くらい飛んでいったというわけです。
なので私は結婚資金に充てるほどは残りませんでした。。ていうかむしろマイナス…(;_;)
まあその後失業保険をもらうことなく次の会社に就職したので、先払いで支払ってた分は年末調整で戻ってきたんですけどね。。。
お父様、あんまりこじれないといいですね。頑張ってくださいね。(こももさん)

>退職手続きに40万が控除されたのですか?>私の会社の住民税は毎月控除でしたので返金は無いようです。>現在、私は厚生年金ではなくて、今年から確定拠出年金に変わりました。
厚生年金と確定拠出年金は全くの別物ですよ確定拠出年金=退職年金を自己責任で運用確定拠出年金の詳しいことは知りませんけど・・・
健康保険と厚生年金保険は翌月徴収なので5月に支払ったのは4月分ですから7月に退職すると、6月分と7月分の2ヶ月分が控除されます これが注意ですね任意継続は普通は今控除されてる分の2倍 国保とでどちらの保険料が安いかは、直接役所に出向いて調べてもらった方がいいかも 大抵は国保の方が高いらしいです
住民税は、前年の年収で計算された額を次年の6月〜5月の12ヶ月で納めるものなので15年度の分は今年の5月で納めきったという訳です近々退職されたら、しばらくしてから16年度分をこれだけ払ってくださいという通知が来ます 個人で納めるのは4分割だったかな? しかもその時点で収入がなくなってるだけに高額に感じるんですよね(PEPEさん)

退職後にそのまま社会保険かけるのって確かに倍額になりますよね。私も雇用保険(失業保険)を受給手続きしてるので、扶養に入れないから国民健康保険の方に加入してます。そして年金も国民年金です。つい最近以前住んでた町から市民税の請求がきました(涙)。お金かかりますよねぇ。
雇用保険の受給期間を見て、ひとまず国民年金は上期分一括入金しました。わずかながら割引があるので。下期は毎月払う予定です。
確定拠出年金。この手続き面倒でした〜〜〜!!!私は脱退をしたかったんですけど、雇用保険受給=扶養に入れないってことで脱退できる条件に達してなかったんで、ひとまず移管の手続きをしました。ついでに住所・名字変更をしてもらったんですが。掛け金を入れずに運用する方法と掛け金を入れて運用する方法があります。私は前者にしました。脱退前提なんで(笑)。運用し続けるのであれば、掛け金を入れる方がいいと聞きました。ある程度手数料取られますが、今まで掛けてた金額から引かれる形になります。移管の手続きは運営管理機関からハガキが来てからになります。今後就職の予定があって、そこで確定拠出年金やってれば、再度移管の手続きをすれば良いそうです。銀行・郵便局で移管できますが、できる支店が限られてますので、電話で問い合わせるといいですよ。
今まで厚生年金の他に厚生年金基金が控除されてませんでした?たぶん厚生年金基金の方が会社内で解散されたから確定拠出年金と言う手段になったんだと思います。私が務めてた会社がそうでしたから。
いろいろ支払う物があって、どっちが安いとか高いとか比べるのは大変だと思いますが、ある程度材料がないとお父様を説得できないと思いますので、彼と頑張ってくださいね。最悪、雇用保険を貰わずに彼の扶養に入るって手もあります。国民年金・健康保険の支払いを雇用保険から出したとしてもいくら残るのか…。それがマイナスになるようなら彼の扶養に入る方がいいかも。
長文そして意味不明だったらごめんなさい。(まーさん)

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280