私がバツイチ子持ち彼は初婚、彼母が反対ーBBSより転載

♥桃さん
初めまして、桃と言います。38歳バツイチで小5の娘がいます。(離婚は7年前です)2年半お付き合いしている彼(36歳)から最近プロポーズを受けまして、娘も喜び賛成してくれてるので、結婚の話を進めようとしています。ところが、彼のお母さんが猛反対していまして、それを聞いた私の母は「反対されてる家に嫁には出せない」と言います。まずはご挨拶を・・・と思うのですが、それすら拒否されています。二人とも自立した大人ですし、親の承諾などなくても結婚できますけど、やはり認めていただき祝福してほしいので、どうやって説得していけばいいのか悩んでいるところです。
ちなみに彼は、お父さんは亡くなって兄弟は家を出ているのでお母さんと二人暮らしです。彼と私は住まいが車で2時間以上離れていて、結婚後は私の地元で暮らす予定です(子供が転校しないで済む様に)。
片方がバツイチ子持ち片方は初婚、という障害を乗り越えて結婚した方、又はお知り合いにそういう事例をご存知の方、どうやって親や親戚を説得していかれましたか?アドバイス等よろしくお願いします。

反対といってもいろいろあるかと思いますが、彼母さんの反対理由は「×1だから」「子持ちだから」「新居は彼女の近くで、母親とは別居になるから」「年上だから」の全てなんでしょうか?桃さんの母さんの反対理由は「彼母が反対しているから」ですか?彼母さんは結婚相手にどこまで望んでいるのでしょう? あくまで、この段階での私の想像でですが、無謀なものまで望んでいませんか?
身内がこういう条件の女性もお見合いで紹介しているのですが「もっと他に良い人がいるかも…」と、いつまでたっても“青い鳥”を追い掛けてる人は「第三者からみてつり合った相手でも、難しいから以後は紹介しない」考えです。最悪なのは、親が“青い鳥”を追い掛けて、子供(といっても40近く多し)が親のいいなりになってるケースだそうです。こういう人は好条件でも結婚自体が難しいですし、結婚できたとしても、歪んだ結婚生活を送ることが目にみえています。
彼母の望みが“青い鳥”ならば、それを正当な理屈としてとらえるほうが間違っていると思うのですが、どうでしょう?彼も自立している男性のようですし、ここは勇気をだしてみてはいかがかと思います。桃さんが幸せになって良い頃にきてるのです。お幸せに。(keroさん)

経験者ではないのですが
>お父さんは亡くなって兄弟は家を出ているのでお母さんと二人暮らしです ご兄弟は遠くにお住まいですか?彼さんが独立したら、お義母さんは家でひとりになるんですよね?万一倒れたときに数分〜数十分で駆けつける距離に頼れる人はいないという状態になってしまうのでしょうか?36歳の彼さんの親御さんなら、70才代あたりですよね?
この状況なら、お義母さんを無視して結婚の話を進めるのは難しいのではないでしょうか?皆が平和に安心して暮らすための様々な方法を(ご兄弟を含め、みんなで)考えた上で(または考えることを前提に)結婚の承諾を得ようとされたのか、お義母さんを全く無視して桃さん側の都合だけを提示して祝福して欲しいとおっしゃってるのかで、お義母さんの心境も違ってくると思います。
もし十分に話し合いをされてたのなら、見当違いのレスかもしれませんが。。。(PEPEさん)

私も経験者ではありません。私もPEPEさんの意見に同感です。あと・・やっぱりお子さんにとってはお義母さんはおばあちゃんになるわけですから、できたらどちらにとっても大切な存在にしてあげたいですよね。
だからひとまずはお義母さんの立場や今後を気遣ってあげるという考えの元で考えられたら良いのではないかなー と思いました。(もし考えられていたらごめんなさい)(さ・いらさん)

keroさん、PEPEさん、さ・いらさん・・・レスありがとうございます。
彼のお母さんが何に対して反対しているのかが、実は分からないのです。分かれば対応の仕方もあるのですけど。最初に、「こういう女性と結婚しようと思ってるんだけど」と彼がお母さんに話したときは、「その人の子供とどう付き合ったらいいの?」と、私の娘のことを気にしていたようです。それ位しかお母さんの気持ちは分かっていません。
現在、お母さんは口も利いてくれないようで、話が前へ進まない状態です。それで、まずはご挨拶ということで顔合わせをしようかと彼が言っています。お母さんの反応も見れるだろうし、直接なら何に不満なのか、又は不安なのか聞けるかもしれないし、それに答えたり解決できるのではと思っています。ところが、会ってもよいとも、会いたくないとも言ってくれなくて・・・どうしたものかなぁと悩んでいたら、彼が昨日「普段の桃でいいから、平常心で会いにおいで」って言ってくれたので、会ってもらえないかもですけど、今週末7/3に彼の実家を訪ねることにしました。↑に書いたように、話をしてくれたら理解し合える事もあるんじゃないかなぁって思うんですけど。考え甘いでしょうかね?
ちなみに彼のお母さんは60歳のようです。(結構若いです)事務の仕事をしているみたいです。働いているので、多分健康だとは思います。万が一の時にすぐ駆けつけることのできる家族は残念ながら近くにはいません。妹さんが結婚して他県にいますが、ご主人が出張が多い仕事のようで、子供を連れて月1位は数日間お泊りしてるようです。弟さんは、独身で他県で一人暮らしです。
当初私は、結婚したら彼の家に同居、又は近くに住むものと勝手に思っていました。(一般的だと思いますけど)彼からの提案で「引越しをすれば見知らぬ町で、新しい学校で、誰も知っている人がいないところで可愛そうすぎる。僕自身も新しい存在になるし、ストレスは相当なものになると思うよ。今は一番弱い立場の○○ちゃんの事を優先して考えよう」と言ってくれたので、甘える事にしました。今11歳の娘ですから、あと7〜8年、高校を卒業するまでのことになると思います。それ以降は大学なり就職でも、どこに住んでいてもあまり関係なくなると思うので、お母さんとの同居、又は近くに住む事はそれからでも良いのでは、と思っています。
今週末に彼の家を訪ねた結果が、良い方向に向かう事を願うばかりです。彼のお母さんとお会いした結果で、またご相談する事が出てくるかと思います。その際はよろしくお願いします。
このスレッドにも引き続きアドバイスもいただけたらと思います。(桃さん)

息子とも話さないんですかぁ…それじゃあ何がどうなのか全く見当もつきませんね。息子を手放す寂しさからスネているか、息子さんの覚悟のほどを試してみてるのかもしれませんね。
私は婚約中、義父が意味不明なことを言って暴れていました。いくら言い聞かせてもアギャアギャ騒ぐので「もう面倒くさいから、親父だけ捨てるかなぁ」とまで旦那は言っていました。親もマリッジブルーがありますから、色々な感情が混ざってるのかもしれません。
とりあえずは、行ってみないことには始らないでしょうね。彼は結婚に値する男のようですから、最悪「会わない」という反応を見るだけでも、行く価値はあると思います。(keroさん)

見当違いのレスだったようでごめんなさい。彼さん、立派な人ですね。彼さんにとっては桃さんも桃さんのお子さんも大切な愛する人ですけど、やはり他人同様のお義母さんが受け入れるには時間がかかると思います。いつか認めてもらえるように長期戦の心づもりでいた方が良いかもしれませんね。桃さんはお辛い心境だと思いますが、彼さんに任せて大丈夫だと思いますよ。(PEPEさん)

7/3、彼のお母さんを訪ねました。先方の都合により、自宅へは行けず、近所の喫茶店で会う事になりました。まずは、会っていただけたので、一歩前進だと思ってます。
最初に言われたのは、「娘さんは連れてこなかったの?娘さんと会わなきゃ意味がないわね。出直してください。」でした。(出直して・・・発言、かなり怖かったです)これには彼が怒って、「今日は、彼女だけで会うと決めてたし、彼女は何も悪くない。第一そんなきつい言い方をするひとには、子供は会わせられないよ。謝ってくれ」と言ってくれて、お母さんも謝ってくださいました。
お母さんは、娘と彼が上手くやっていけるかを様子を見たかったらしくて、「日を改めて娘同伴で伺います」と伝えました。お母さんは、身の回りに小学校5年くらいの女の子がいないし、どれくらいの背格好で、どんな話をしたり雰囲気なのか、いろいろ想像したりして、他の孫(彼妹の子供)と同じように接することができるのか、そんな事が不安だと言っていました。私自身には、あまり質問などもなく、「結婚することには反対するわけにはいかないでしょう」と言っていました。
私からは、「お母さんが、心から賛成してくださることは、もしかしたら有り得ないのかもしれませんが、結婚は家族同士のつながりや、親戚付き合いも大切になると考えていますので、お母さんには納得していただき、認めていただいて、仲良くしていただけたら嬉しいです。」と伝えました。
まだまだ、お母さんの様子は不安定な感じで、この日の発言では、歓迎ではないけど、仕方なく許す(?)のようにとれました。(当たり前でしょうね)
その後、彼と話し合って、時間が許す限り、娘を含めて3人で過ごす時間を作って行こうと決めました。彼のお母さんも、3人がさりげなく仲良くしている様子を見れば、少しは安心してもらえるかなぁってことと、彼自身も娘と上手くやっていけるかは気になっていると思うので(結構自然体でそんな素振りは見えませんけどw)、プレ親子期間ということで、みんなにとって良いことだと思います。
ちなみに7/9は、彼が私の実家へ挨拶に来てくれました。私の実家は歓迎ムードなので、何も問題なく話もはずんで、いい感じでした。私の両親から聞かれたわけでなく、彼が「桃さんの、○○で○○なところが私にとって心地良く、一緒にいて安らげるので、結婚したいと思いました。」などと私の長所(?)をスラスラ話した時は、とても驚きながら、とっても嬉しかったです。娘をほめられて、怒る親はいないでしょうから、これは良かったですね。
娘同伴で彼の実家を訪ねる時期は、まだ未定です。3人でさりげなくいい感じになれるまで、少し時間をかけてみようと思っています。それは、彼のお母さんを納得させる為だけでなく、今後の3人の為にも・・・です。
何か動きがありましたら、ご報告させていただきます。長文失礼しました。(桃さん)

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280