結納金の返還は倍返し、その渡し方は?ーBBSより転載

♥みみまるさん
はじめまして。10月に挙式予定で、時々拝見させてもらってました。挙式直前なのですが、お盆後に私から婚約破棄を申し入れ、昨日、双方納得の上解消することとなりました。理由は、いくつかありますが、最終的には私が他の人を好きになったことです。当然ですが、結納金を返還します。結納金は、倍返しするものらしいので、お詫びも含めて今度の日曜日に私の両親と、彼の両親のところへお伺いするつもりです。そこで、ちょっと困っているのですが、そういう場合はお金は熨斗袋か何かに入れるものなのでしょうか?それとも、茶封筒か何かでかまわないのでしょうか?また、その際に、他に手土産を持っていくべきなのでしょうか?どなたか、ご存知でしたら、教えてください。

まず初めに、この回答が風習であることから必ずしも当てはまるとは言えない事をお断りしておきますね。まず結納金の返還額の倍返しに付いてですが地方や個人の風習であり所によっては同額で良い場所もありました。熨斗袋は冠婚葬祭時の物ですので控えられたほうが良いようです。私の場合はお客様に無地の封筒に「お詫び料」と記載されてはいかがですかとご案内させて頂いております。手土産に付いては気持ちの問題ですし、現金だけと言うのが忍びないと思われる様であればご用意されたら良いと思います。法的な部分を考えると、先方様には領収書を発行して頂いておくことをお勧めいたします。みみまるさんの場合は双方納得の上との事なので問題は無いとは思いますが念の為。その場合、領収書は御自分でご用意されて御名前、住所程度を記入して頂く様にされる事をお勧めいたします。(hideroさん)

hideroさん、丁寧なお返事ありがとうございます。「お詫び料」と記載した場合ですが、結納金も一緒に含めておいてよいのでしょうか?また、双方納得・・・とは言え、当事者(私と彼)は納得しているのですが、当事者納得後どうすればいいのか分からず、両親に連絡をお願いしていたのです。彼はまだ私のことが好きだと言ってくれてますし、気持ちの整理をする上でも連絡しない方がよいだろうと思いましたので。ところが、私の母と彼の両親との間で誤解があり、当初に比べると雰囲気が険悪になりつつありまして、困っております。そういう状態では、領収書だけではなくて、「これで本当に終わりですよ」みたいな書面を交わした方がいいのでしょうか?後々になって、慰謝料請求されるとかだと嫌だなぁと思っています。(みみまるさん)

専門家でないので、一般人の感覚でレスしますのでご了承ください。
結納金以外に先方がこれまでお式や新生活の準備などにお金をどのぐらい負担していますか?その辺は解決されているのでしょうか?
婚約破棄の慰謝料の相場は50万〜多くて200万円と他のホームページで見かけたことがあります。結納金の倍返しということは、結納金を返してプラスその相場程度のお詫び料を包まれるということになりますよね。でしたら、万一先方がそれ以上の慰謝料を請求してきても無謀な請求と審判されるんじゃないかな?と思います。
彼さんが会社を退職しておらず、婚約前と変わらない生活が出来るのであれば、世間の常識の相場で問題ないような気がします。なので、hideroさんがおっしゃってるように、お金をきちんと渡されたことが後で証明できるようにしておけばよろしいかと思います。
万一、彼さんが会社を退職されてたり、何か大きな損害があるなどで、先方から高額な慰謝料を請求されたのでしたら、トラブルを避けるためにも専門家に間に入っていただいた方がよろしいかと思います。
先方に特別大きな損害がなければ、ご両親と一緒にお詫びに伺い、ことの経緯をきちんと説明し、双方の認識を同じにし、世間相場の金額でけじめをつけられれば、それ以上の請求は先方もされないのでは?と思います。(PEPEさん)

当然、色々な誤解が発生すると思いますが、現段階では慰謝料は無いものとします。お詫び料の件ですが、結納返しの全額を入れて良いと思います、本来は結納時に頂いた金品に付いての目録が証拠として存在していますので(有ればですが)それを差し引いた額が詫び料として理解されるはずです。領収書の項目欄に記載すれば良いです。現段階でのトラブルは仕方がありません、状況がそうさせますから。しかしご両親のトラブルは一過性のもので、関係が解消されれば収まるでしょう。因みに結納時の袴地料はお返しになられたのでしょうか?厳しいようですがその金品に付いての扱いは御決まりに成っていますか?婚姻関係が無いのであれば50/50で精算されてもおかしくは無いのですが、信条的には請求しづらいですね。事後の懸案としてはストーキング行為、彼が未だにみみまる産に好意を持っているのであればその後に何らかのアクションを起こす可能性も考えられます、全ての関係を断ち切るためには辛いとは思いますがはっきりとした態度で臨むべきです。ここで終わらせられれば、この先お互いに嫌な思いを減らした生活が出来るのですから。ひどいケースでは「結婚詐欺」なんて事で告訴なんてのもありましたからね。厳しい意見で申し訳ありません。(hideroさん)

>PEPEさん、ありがとうございます。彼は退職もしておりませんし、挙式準備中に発生した費用は全て私が支払っておりました。また、新居は準備しておりませんでしたので、負担は双方ともにありません。エンゲージリングをもらっているので、その分として70万円相当の株を譲渡する予定です。これと別に結納金を倍返しするつもりなので、慰謝料の相場からいえば十分かもしれませんね。
>hideroさん、ありがとうございます。結納金も一緒にお詫び料を準備して、領収書も持参することに致します。私と彼との間では、結納金倍返し+株譲渡で合意しています。結納返しに彼へ時計を送っているのですが、その分は何もしなくてよいと申し伝えました。当日は、覚悟を持って望みたいと思います。皆様、本当にありがとうございました!(みみまるさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする