auto 広告

スポンサーリンク



家を出る以外方法はない?ーBBSより転載

♥Tenshiさん
“両家の挨拶”と題し投稿させていただきましたTenshiです。その後展開があり、ご報告までさせて頂きます。彼のご両親が我家へいらしていただいた後、私の家庭と彼の家庭の間に認識の違いにより問題が出たのですが、その後直接彼と会い、私の両親が一方的に彼を責めたことを謝り、私の感じていること、素直な気持ちを伝えてきました。彼も、彼のご両親が私の両親に結婚に関し何らかの挨拶なり意見なりを伝えるべきだったということで、当初はまた改めてご挨拶に来ていただくということで話が収まりましたので、後日日程を再度調整してということで一度は事が収まりかけていました。彼も頑張ろうといってくれていましたし、皆さんには、我家の意見ばかりを押付けすぎ・・・とご指摘いただきましたが、理解に努めてくれている彼には感謝をし二人でで頑張っていこうと考えていました。
彼はご両親と話をする為名古屋の実家へ連休を利用して帰ったのですが。ご両親とお話をした後、私の両親宛て彼から連絡があり、内容は次のとおりでした。
『私のうちに訪問した際に、彼のご両親から結婚に関する挨拶や話題が出なかったことについて』−通常は今後養われる者の家族から結婚に関しての挨拶をするもの。(彼が私よりも低収入であること、またたとえ彼が高収入を得られるようになっても、私自身今のキャリアを捨てる気はないということで話し合っておりましたので、お互いの間では養う、養われるの関係にはならないと認識していました。)彼の上二人のお兄さんの結婚についても、お嫁さん側から結婚の挨拶があったのでそれが当然と思っていた。(以前の投稿にも書かせていただいた通り、彼から私が聞いていた話によると、このような事実はなく、実際は上二人のお兄様の結婚に関しては親は一切干渉しなかったと聞いていました。)
また、この後彼が私の母にいったことは、“どうせ親は先に死ぬのだから、親は子供の幸せを考えて子供の思う通りにさせるべき。”これを聞いた母は、電話で話をしていてもこじれてしまうだけなので、それ以上は実際に会って話を聞きたいと伝えたそうです。その後私から彼に連絡をしたところ、『Tenshiが家を出れないのなら、もうどうにもならない』とのこと。これって有りですか?男性の皆さん。普通こんなものなのでしょうか?自分からプロポーズをし、結婚しようと決めた相手です。彼女の実家に言ってもう一度説得しようとか、彼女ともう一度話会おうとか思いませんか?なにもしないうちから『どうにもならない』って何だろう?
結婚の話を進めていくにあたり、二人の家族の間で私と彼とで直接伝えるべきでないことはニュアンスを優しくしてから伝えるなど、包めるものはオブラートに包み、緩和材になってやっていこうと話をしていました。ところが、彼は彼の両親の意見をそのまま私の両親に伝えていたように思います。きっと、私の両親や私の言ったこともそのまま内容がオブラートに包まれることなく彼のご両親の耳に入ったのではないでしょうか?私の両親のことは私がよく理解していますから、彼の意見、彼のご両親の意見を出来るだけ理解してもらえるような形で伝え、私の両親も、“では効く耳を持とうという姿勢”に多少なってきていた矢先、結局は彼のご両親のストレートな意見、彼の“どうせ親は先に死ぬんですよ”発言に私の両親もすっかりあきれ返ってしまったようです。それは私も同様で彼は一体どうやって関係を修復したかったのかわからない状態です。
なにか補足の説明があればいいのですが、彼曰く“家を出る以外方法はない”そうです・・・10代や二十歳そこそこの若者の意見ならばともかく、私たちも20代後半の少しは大人な年代です。家を出たからといって何も変わらないことくらい彼も分かっているはず。かといって、私や私の両親を説得しようともしない。結局彼は自分に自身がなかったんでしょうか?それとも、親の意見が入り乱れごちゃごちゃしてしまった私との結婚がいやになってしまった?でも、いくら逃げても、次に結婚すると決めたとき、また自分の思い通りに事が進まなかったとき、彼は同じ事を繰り返すのでしょうか・・・
前回私が受身過ぎるなど厳しいご意見いただきましたが。今回も皆さんのご意見お聞かせください。宜しくお願い致します。

おはようございます。結婚2年目のりんごです。私は、tenshiさんの考えに「彼は私を幸せにすべき」というのが先行していて「彼を幸せにしてあげたい」という気持ちがみえません。前回彼のご両親の訪問の際、結婚話をしてくれなかったとにtenshiさん家族がご立腹していましたよね。(私は、彼の両親が悪いとは思いませんでしたけど…。)立腹した事をお父様が彼に直接伝え「もう娘とはつき合うな」とまで言われた彼の気持ちを考えた事がありますか?そんな事を言われても頑張ろうと言ってくれてたんですよね?はじめは彼ももう一度日程を調整するつもりで実家に帰ったと思うのですがおそらく彼の両親は前回の訪問で顔合わせは終わってると思っていると思います。(すべて子供に任せる考え方の両親でしたら相手のご両親の顔と人柄さえわかればそれで満足するのでしょう)それなのに、もう一度挨拶に来てほしいとはさすがのご両親もムッとしたのでしょう。交通費もかかる事ですし…。自分の息子が彼女の両親にあれこれ言われたら、放任主義のご両親もさすがに黙ってはないでしょうね。まさしくこれが「親は口を出さないが、いざとなったら子供を守る」と言う彼の両親の考え方なのでしょうね。
tenshiさんは前回のアドバイスにもあったけれど、まだ受け身のままですよね。彼のことを「自分からプロポーズしたくせに説得にこない」「してもらう事」ばっかり考えていますよね。
tenshiさんは彼に両親の考えを伝える時に「私の両親はこう思っているんだけどあなたはどう?」ってきちんと彼の意見も落ち着いて聞いてあげてますか?彼はおそらくあなたの両親にあまり深入りして欲しくないのでしょう。その気持ちを察して、「私の両親がこう言ってる」って両親が、両親がって言うのではなく、私がこうして欲しいって言う風に言い方を換えてみたらどうですか?そしたら彼もあなたの少しは楽になるかも…。
今回の事は、やはりお二人の打ち合わせ不足か生じた事でどちらが悪いという事はないと思います。tenshiさんは彼が実家に戻る前に両親が気持ちよくもう一度挨拶に来てもらえるように何か考えましたか?それも受け身でしたか?
私だったら彼に「私と私の両親が彼の両親ともう一度お食事をしたいと言っている。おすすめのお店を予約しておくのでもう一度来ていただけませんか?よければ一緒に観光などしませんか?ご案内します。」ってご両親に伝えてくれる?って言いますね。どうしたら気持ちよく来てくれるかな〜?って彼とあれやこれやとセリフを相談しまくります。(彼にセリフを練習をしてもらうかも!?)で、日程が決まった時点できちんと挨拶してもらうように言ってもらいます。「今回のお食事は彼女はとても楽しみにしてるみたい。仲良くしてもらいたいからきちんと挨拶してね」って感じで。交通費も彼と二人で出し合うと思います。男ってそういう事まで気が回らないと思います。こうして欲しい、ああして欲しいと思う事がたくさんあるのならどんどん自分から動いちゃいましょう!tenshiさん頑張ってください。(りんごさん)

こんにちは
前回「受け身だ」とコメントさせて頂きました。彼の「親は先に死ぬのだから」発言は、行き過ぎだと思います、目上の人に対して言うべきことではないと思います。前回のことが尾を引いて、「自分がしっかりした考えの持ち主だ」と言うことをアピールしようとしたとかあなたのご両親を説得するために説教めいたことを言ってしまったということはないでしょうか?彼の真意を確認して、もしも結婚を続ける意志があるのならば、謝罪して貰うなりあなたが彼の誤解を解くようにご両親に働きかけるべきだと思います。それから・・「受け身」は、やや誤解だったかも知れません、ごめんなさい。受け身ではないけど、独善的に思えます・・。一度結婚しようとした女性にこんなのあり?とかオブラートに包んで言うべき、とか彼の方が低収入の件、彼のお兄さんの結婚のこととか私や私の両親を説得しようともしない。結局彼は自分に自身がなかったんでしょうか?とか詰問口調になっているよう感じました。(受け身発言を責められいる気もしました^^;)「私は正しい」を主張することにエネルギーを注いでいませんか?理詰めで進めても結婚に対する問題は解決しません、悲しい結果・・確執を残したり破局を迎えたりします。と言っても、男なのだから彼にしっかりして欲しい、と思う気持ちもよーく分かります。でも男性って女性から見ると些細なことで意気消沈してしまう生き物みたいです。両家の思惑がすれ違っているならせめてあなた達が仲良くしないと・・。(きいろさん)

こんばんは。私も親とは揉めましたよ。たくさん彼とも親とも言い合って喧嘩しました。家は母親しかいませんが、プロポーズしてから半年たっても結婚について何も言ってこない彼に対してかなりイライラしていたようです。私は鈍い方なので最初は気付きませんでしたが、彼に「momoのお母さんから殺気みたいなものを感じるからしばらく泊りには行かない」と言われて気付きました。彼は仕事が急に忙しくなり、落ち着いてから挨拶に行こうと決めていたようです。でも母にプロポーズされたことを話してしまい、いつ彼が結婚の話を切り出すのかとワクワクしながら待っていた母にとって何も言わず普通に遊びに来て帰っていく彼は頼りなく見えたみたいです。彼が帰った後、いつも一言、二言のお小言がありました。私は彼の忙しさはわかっていたので何とか母にわかってもらおうと彼の状況を話し続けました。でも母は「堅苦しくなくていいから言って欲しい」の一点張りでした。挙句の果てに「結婚するという誠意が見えない」とか「結婚しようと決めたのに迷っているのかもよ」とか言い出してしまいました。毎日親子喧嘩の時もありました。でも私がずっと思っていたのは「どんなことがあっても彼の味方になろう」ということです。私も親と一緒になって彼を追い詰めたらきっと彼は辛いだろうなと思ったので、結婚については彼から言ってこない限り触れないようにしました。でも時々耐え切れずに責めるように言ってしまったこともありましたけどね。(泣いたこともありました…)私は両親の説得って自分が70〜80%して、相手が30〜20%だと思いますよ。彼がなんと言おうと父親は気に入らないだろうし、母親も娘の顔を見て「今この子は幸せなのかしら?」ということを感じ取っているのだと思います。彼に対しての不信感をご両親が感じ取っているから結婚についても反対しているのかもしれません。頼りない彼かもしれませんが、彼を奮い立たせるのもTenshiさんの言葉ひとつだと思います。板ばさみになって辛い思いもしますが、がんばって欲しいと思います。それと男性は自分のことを否定される事が一番傷つくことですし、やる気もなくしてしまうので、まずは自分がどのくらい彼を愛しているのか、どのくらい彼を必要としているとか話してあげた方がいいかなと思います。彼女が必要としてくれてるならがんばろう!という気持ちになってくれると思いますよ。2人の気持ちが「何があってもこの人と結婚するんだ!」となれば今まで乗り越えられなかった壁も乗り越えられると思います。がんばってくださいね。(momoさん)

皆さん、ご意見有難うございます。理詰めでは結婚に向けての問題は解決しない・・・ごもっともなご意見です。また、世間の常識なんて言葉はありますが、皆それぞれ違う家庭に育ってきたのですから常識に差はあると十分理解しています。だから誰が正しいとか間違いとか一概には言えないことってありますよね。でも、今回の件で、彼のご家庭の考え方、私の家庭の考え方の違いが初めから想像以上に大きく出てしまい、それが元で思いもよらない方向に事が進んでいってしまっているのはとても悲しいことですが現実です。どうやってこの曲がってしまった道のりをまっすぐにしていくか考えているのですが、二人の考え方だけならともかく、お互いの両親に理解をしてもらうのは相当難しくなりそうです。きいろさんのおっしゃる通り、確執がすでに生じてしまっていますから。同時に、彼と私の両親の間の確執も。先日の彼との会話は、“私が家を出る以外方法は無い”とだけ言われて終わってしまい、彼のご両親のご意見については伺う機会が無かったのですが、(*直接会ってまたは電話で話すことになりました)私が思うに、お互いの両親が意地になっているようで。これは親の意地なんかの問題ではなく、娘の将来に関わる大切なこと・・・と私の両親は言いますが。ただ私がしたいのは、両親には愛情一杯に育ててもらったので、私の両親にも、彼の両親にも納得し、賛成してもらえる結婚をして、ただ彼と幸せな家庭を築きたいのです。そのためにも、私と彼との気持ちがつながっていることが大事なのですが・・・そう思っている私の気ちを彼に伝えても、帰ってきた彼の言葉は“くだらんことでめっちゃ話しがこじれたな。俺にしてみれば、どーでもいいようなことでもめてくれて。おばさんにいいたい事は山ほどある、ただ理解しんと思うけどな。”でした。(これ彼のメールの抜粋です・・・)私にとっては大事なことが、彼にとってはただくだらない、どうしようもないこと?彼のご両親に言われるならともかく、結婚したいと思っている彼にこんなことをいわれショックですが、私の両親にさんざん言われてきた彼の気持ちを考えればこんなこと大したことではないのかも・・・・と考えるようにはしていますがツライですね。彼のご両親から同じ事を言われた方がマシです:(彼は私の両親と話をしてきた張本人ですから、マイナスに考えてしまうというのは解りますが、私が彼とどうして行きたいかを伝えても、彼がどうしていきたいからこうしたいではなく、周りはこうならないから・・・と結論つけた返答がもどってきました。周りが思うようにならないなら、そこから逃げるというのが彼の言い分ですが、私は大人としてそのような結論を出したくはありません。お互いの両親を説得前に、二人の気持ちをもう一度きちんと確認し、二人で何をすべきなのか話し合ってきたいと思っています。またご報告いたしますが、なにかご意見ありましたらお聞かせください。(Tenshiさん)

tenshiさん、こんにちわ。結婚前に、何らかの問題にぶつかるということは、とても良い経験だと思いますよ。悲しいけれど、本当にご縁がなかったのかもしれないし、逆に強い強い絆が生まれるかもしれないですし。
私の個人的な感想なんですが、お二人の場合、まだ両家の意見や価値観の調整をする段階に至ってはいないような気がしました。お二人だけでもっともっとじっくり話し合い、二人がどうしたいのか(どちらか一方の考えでなく)、どうしていくことが幸せなのかを考えてみてほしいと思います。二人の信頼関係ががっちりと固まっていなければ、ご両親の説得やすり合わせはできないと思いますよ。両家の両親の意見が食い違ったとき、間に入るのはお二人以外いないのですからね。
祝福されて、幸せな家庭を築きたいと願うのは、結婚を考えた人なら全員がそうだと思います。そして、ご両親もそう願っておられるはずです。みんなが納得のいく結婚をするには、お二人が心から力を合わせて生きていこうとする姿や信頼関係があってこそです。両家の価値観がどんなに違っても、お二人がしっかりとしていれば、ご両親も安心してくださるのではないかな、と思います。
わたくしごとですが、私たちも結婚前にそれぞれの両親が反対するという事態に直面しました。喧嘩も繰り返し、本当に辛かったんですが、そのとき、いったんすべてを仕切りなおしました。結婚の話そのものを引っ込め、「私たち二人が本当に一緒に生きていきたいと思っている」ことや「お互いに必要な存在で、信頼しあっているか」ということを、言葉ではなく、二人の日常の努力を通して理解してもらおうとつとめました。両家の価値観は違っても、「この二人のためならお互いに譲歩しましょう」という雰囲気になってからは、一気に雪解けでした。結婚は当初の予定より半年以上延期されましたが、半年延期の辛さなんて吹っ飛ぶほど祝福された結婚式でした。信じられないのですが、今では、両家の両親と私たち二人の計六人が半年に一回、全員で旅行に行くほど仲良くなっています。結婚前には想像もできなかった「幸せ」です。(余談ですが、結婚から五年前に付き合っていた前の彼氏とは、この逆の大失敗も経験しました(苦笑)。ご縁がなかったのだと思いますが、反省点は多いです)娘に息子に、幸せな結婚をしてほしい、相手の親御さんとも仲良くしたい。そういう願いは、どんな状況にあっても親は持っているんだと思います。まずは、お二人がしっかりしましょ!心から応援していますね!何かあったら愚痴っていいから、彼と心を合わせて!(太陽さん)

rectangle 広告

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする