お互いの気持ちさえあればうまくいくと思っていたのですがーBBSより転載

♥Tenshiさん
りんごさん、きいろさん、momoさん、太陽さん。前回の投稿にご意見いただき有難うございました。“お互いの両親を説得前に、二人の気持ちをもう一度きちんと確認し、二人で何をすべきなのか話し合ってきたい”とご報告させていただいた通り、16日の夜に彼と話す機会がありました。彼も会うか電話ででも話をしたいといってくれていましたし、大切なことなので会って話をしたかったのですが、結局仕事の都合で夜がとても遅くなるということだったので、電話で話をすることとなりました。内容は“話合い”までにはいたりませんでしたが、お互いの気持ちを整理する上で避けては通れなかった・・・と考えています。彼の言い分は、“俺が挨拶に行った時点で、娘を嫁にやると本当に考えていたのならば、あとからごちゃごちゃ言うなんておかしい。初めから嫁になんか出したくないと思っているからごちゃごちゃと文句を言い出すんだ”“うちの両親はあらためて挨拶に行ってもいいと言ったが、俺がもう行く必要はないという結論を出した”“結婚する気があるなら家を出るくらいの覚悟がないと出来ないぞ。Tenshiだけに家を出ろと言うのは可哀相だから、もしそうなったら俺も親との縁は切る。”・・・・あとは私の両親、特に母に対する批評ばかりでした。彼にとっては私の両親と彼が電話で話した際のことがよっぽど堪えたらしいので、彼が全てを私に吐き出したことで楽になれたのならそれでいいとも思うのですが、結局私が何を話しても、どう説明しても上に挙げた事ばかり彼は復唱するだけだったので残念でした。結婚をする為にどちらのやり方が良い悪いではなく、例えば、片方の家庭が“勝手にお好きなようにどうぞ派”で、もう片方が“勝手にさせるなんて絶対にありえない派”だとすれば後者を柔軟になるようにと説得するよりも、前者に多少儀礼にのっとってやってもらえばうまくいくはず・・・・と、今回の件に関しては私が独り善がりなところもあったかも知れません。それでも、お互いの気持ちさえあればうまくいくと思っていたのですが、お互いの気持ちにずれが生じてしまったことは確かです。彼も私の両親に言われたことで随分悔しい思いをしたと考えると一方的に彼を責めることは出来ないのですが、“両親と結婚するわけではない”といいつつも、私達の結婚よりも、私の両親にいかに対抗するかを前面に考えるようになってきてしまったように感じました。17日に私が会社を休んだ際、会社のアドレスに彼からのメールいていたのに、日曜日の夜遅くに気が付きました。前日夜の電話では上に説明したことだけしか頭に無かったようなのですが、メールにはただ一言、“もう一度初めからやり直したい”とありました。ただ、やり直すにあたり、私は彼のご両親、私の両親を切り離しては考えられないと言うことを彼に伝えました。また、きちんと何らかのけじめをつけてやり直すことが必要だと私は考えていますし、やり直すと言うことにあたり、私の両親からの批判も多く出てくると思います。果たして彼がそれを理解しているのか確認したいと思います。私も、私の両親に批判され悲しんだり、悔しがる彼を見るのはとても嫌なものですし、辛いですし、たとえ私が今回のように支えようとしても彼がまた耐えられないのではないかという不安があります。・・・・それに16日に彼の話を聞いた後、今度は私自身何をしたいのかにも疑問を持ちはじめました。太陽さんがおっしゃる通り、必ずしも結婚をしようと考えた二人にご縁があるとは限りませんし。私達の場合は6年の付き合いの後にこの状況ですから・・・いくら多くの時間を一緒に過ごしてきても肝心なところでずれと言うものが出てきてしまうものなんですね。彼の気持ちを確認することもそうですが、私自身の気持ちもよく考えていきたいと考えています。

こんにちは。結論として結婚を考え直すことも考慮に入るつもりだ、と言うことでしょうか?もともと彼は怒ると意固地になる人だったのでしょうか?私事ですが・・うちの彼も、滅多に怒らないのですがたまに怒ると意固地になります。同じこと(誤り)ばかり復唱して、話が先に進まなくなったり極論を出したり。こちらとしてはそんなに何度も言うほど重要なことなの?とかいいから解決策を出そうよ!と思うんですけどね・・。だからTenshiさんのやりきれない気持ちやうんざりしかかっている気持ちがよく分かるのです。男の人がそんな状態になっている時って説得しても無駄なのではないかな、と思います。(こちらの気持ちを分かって貰おうとすればするほどケンカがこじれます^^;)「元々はうちの両親がひどいことを言ったから」と言ってやたらに懐柔することもないと思いますよ・・・あなたはすでに両親の非を認めているのだし家を出る覚悟とか・・一番不可解なのはTenshiさんが家を出るなら俺も親と縁を切るからって彼は自分の両親と縁を切るほどもめているのでしょうか?
楽観的かもしれませんけど・・彼にはじめからやり直したいと言う気持ちがあってあなたにもあるなら、その気持ちを基盤に結婚を考え直してはどうですか・・?けじめをつけてから、と考えておられるようですかやぶ蛇になってしまうように思えます。それにけじめをつけても問題が出る時はまた蒸し返しが起こると思います。どちらが正しいとか、どちらの親の言い分を通すとかやたらに考え込まないで・・・。Tenshiさんはなんだかきちんとした性分の・白黒つけたがる方のようなのでいろんなことを頭で考えすぎなのではないかな、と思います。(きいろさん)

うーん・・・。tenshiさん、大丈夫ですか?なんだか、とても辛い状況になっているようで、読んでいて、ついため息が出てしまいました。
よい言葉が浮かんでこないのですが、彼さんは今、ちょっと意地になっているようです。確かに、大好きな彼女の両親から言われた痛烈な(?)言葉は、本当に言われた人にしか分からないほど辛いし、傷つくものです。私にも経験があります。でも、大切な人と新しい家庭を作っていこうとする立場の大人なんですから、「辛い、悲しい、傷ついた、tenshiさんの両親はひどい」など、いつまでも悲しんだり、ご両親を批判したり、被害者意識ばかりを持っていたりする場合ではないのにねぇ。tenshiさんは、彼さんの辛い心境をとてもよく理解し、彼さんをとても気遣っておられるので、もうそれで十分なはずなのに・・・って、思います。彼さんにはぐっとふんばって、もう次の段階へ進んでほしいものですよね。
次の段階。それは、お二人がいたわり合って、結婚に向かう同じ一つの新しい船に乗り、気持ちを切り替えてじっくりと漕ぎ出すことです。二人そろって、それぞれの両親に、もう一度ご挨拶に行きます。「私たちはお互いにとても必要な存在で、一緒に家庭を作っていきたい」ことを冷静に伝えたうで、両家の方針にズレがあることをお話します。そして、「みんなが納得して祝福されて結婚したいので」と、お互いの両親の気持ちを半分ずつ取り入れたような妥協案を提示します。このとき、お互いに自分の両親ではなく相手の両親を気遣う姿勢が大切だと思います。私の場合で恐縮ですが、夫は私の両親に、「うちの親が失礼なことを言って、太陽さんとお父さんとお母さんに嫌な思いをさせてしまいました。本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げました。私は夫の両親に、「ご両親の気持ちをきちんと理解できずに本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げました。お互いにどこまで本心で謝罪しているのか、本人にも分からなかったですが・・・(苦笑)。悔しさや悲しさはこの際心の片隅に追いやって目をつむり、「とにかくそれぞれの両親に礼を尽くし、納得してもらうことだけを考えて行動しよう」と夫と話し合ってしたことです。この片隅に追いやったお互いの悔しさや悲しさは、夫と私がそれぞれ理解していればそれで十分だと考えたからです。
文面から、tenshiさんの彼さんは、やっぱりどうしても結婚はしたいようですよね。その意思ははっきりとあると感じました。今は意地になってしまっているようですが、そのパワーを二人で漕ぎ出す新しい船に使ってほしいところです。結婚って、自分たちが主人公なんですけど、テレビドラマの俳優さんのように与えられた台本をこなすものではないんですよね。同時に司会者でもあり、主催者でもあり、観客を楽しませたりする役者でもあり、おもてなしをする立場です。今の悪循環から抜け出して、客観的に冷静に、心を一つに、お二人で、仕切ってしまえ〜、と思うのですが、難しいでしょうか?
とにかくこんなときは、おいしいものを食べて、ちゃんと休んで、心と体の健康を保ってほしいなぁと思います。彼さんと関係を再構築できたらいいですね。心から祈っています。(太陽さん)

きいろさん、太陽さん。レス有難うございました。けじめを・・・というとやぶ蛇になってしまうとありましたが、もし本当に先のことを真剣に考えるのであれば、今回のことにけじめをつけない限りお互いのためにも将来的に良くないと考えたので、彼にはもし一から始めるのであればけじめをつけてから。またそれに際し厳しいこともお互いに言われてしまうかもしれないけれど、頑張っていけるかどうか聞いたのですが、彼からは何の返事もありません。太陽さんのおっしゃる通り、悔しさや悲しさはこの際心の片隅に追いやって目をつむり、「とにかくそれぞれの両親に礼を尽くし、納得してもらうことだけを考えて行動しよう」と彼と気持ちの確認が出来れば、そして彼に、それでももう一度二人で頑張っていこうと言ってもらえればベストだったのでですがそうは残念ながらそうはいかないようです。やっぱり人の気持ちというものは難しいですネ・・・今回のことで多く学びましたし、私自身いついても再発見したことが多々あります。まだ気持ちの整理がついたわけではありませんが、はやくきちんとした自分自身に戻って頑張りたいと思います。また何か報告等ありましたら投稿いたします。ありがとうございました。(Tenshiさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする