BBSより転載

♥マリ子さん
彼の両親はパートとはいえ共働きなのに、百万のお金すら用意できず、結納金なしの質素な結納をしました。それでも私の両親は100万近くの嫁入り道具を揃え、姉や兄も贈り物をくれました。私自身も兄と姉には各20万程の贈り物をしたし、身内の結婚とは、こうしてお祝いをしてあげるものだと思ってました。
でも!彼の両親、彼の兄弟からは何もありません。お金がないから仕方ないではなく、普通、身内なら(しかも嫁側で用意してるんだから)彼側でもなにか贈り物をするべきだと思います。一生に一度の結婚のお祝いを、なぜしてくれないのか腹が立って仕方ないです。地域性もあると思いますが、皆さんは結婚祝い、嫁入り道具、どうされましたか。私は、彼にしっかり「貴方の親からもお金を出して欲しい」というべきでしょうか。

正直、ちょっとビックリしました。マリコさんのご一家が、身内の結婚に贈り物を贈りあう習慣があることは、それぞれの家族のことですから、それはそれでいいのではないでしょうか。
でも、それを相手の家族にまで要求するのはどうかな、と思います。お金をかけるのもお祝いの気持ちを表現する方法の一つでしょうが、それが全てではないですよね。親の援助なしで自分達のできる範囲で結婚する人たちもいます。別に何が何でも相手の親からお金を出してもらう必要はないのでは。
「100万円のお金すら用意できず」と書かれていますが、ずいぶん失礼な言い様だと思います。マリコさんにとって100万円がどのぐらいの価値の金額か知りませんが、そんな言い方をするほど安いものではないでしょう。
あなたの結婚は、大金や山ほどの贈り物があれば満たされるものなのですか?(ともさん)

身内への贈り物、私の地域ではごく一般的です。金額は幅広いけど、しない人はまずいません。しないことは結婚反対を意味し、援助とは意味合いが違うものです。こういうことには地域差があるのでご理解頂くのは困難かもしれません。
百万のお金ですが、やかん一つ百万は高いけど、家一軒百万なら安いの気持です。義理両親は自分達では遊び歩いて散財しながら、「子どもにやる金はない」と言って彼からお金を貰って旅行し、結納金を用意してくれませんでした。結納金200万が一般的な私の両親の手前、辛かったのです。結納金に関しては賛否両論あると思いますが、私は親孝行として普通にやりたかったから。
彼の両親が大反対なのは分かっていました。結納の時も彼の一族は全員喪服で勢揃いしてきて、私の両親は卒倒寸前でした。でも娘可愛さに嫁入り道具を用意してくれたんです。『「お金出してほしい。」って、面と向かっていえる人の神経がわからないです。』ですって??「喪服はやめて欲しい」すら言えなかった私が、そんなこと言える訳ない。だから悩んでいるんです。結婚式はおそらくまた喪服か全員ドタキャンでしょう。
批判レス、くるのを承知で書きました。苛々が爆発しそうだったので、誰かに批判でも何でもいいから聞いてもらいたかったのかもしれません。でも、もういいです。書いていると思い出して腹立たしさが倍増するばかりのようです。(マリ子さん)

文面が上のだけだと、ちょっと普通に読んでたらわかんないと思いますよ。「パートで苦労している親御さんの100万」と「ふらふら遊び歩いて息子に金借りてる親御さんの100万」では全然意味が違いますよね。まったく事情も何も知らない所から皆さんコメントしてくれるわけですから、誤解されないように“状況を伝える”のは必要です。上の文面だけ読んでたら、私もともさん、芽衣さんと同じように感じると思います。
全員喪服ってのはすごいなー。何故反対なんでしょう?お金うんぬんより、こっちのほうが凄いよ…。彼本人さえマリ子の味方で、必要なら親を敵にまわして妻を守れる人なら、大丈夫とか思いますが…。まぁ、その人柄の義親なら、期待するより無視するほうが早いかもね。。。(keroさん)

だって、本人が、「言うべきでしょうか。」って、くくってるんですよ?いえるわけがない、、と思ってらっしゃるとは受け取れませんでした。(芽衣さん)

もしかしたら、もうここには目を通されないかもしれませんが・・・。
マリ子さんの結婚相手の家族がかなり変わった(この表現では生ぬるいかも・・・)面を持っていることが返信レスでわかりました。私が想像する以上にストレスがたまった状況下で大変な思いをされているのだと思います。
よくわからないのですが、マリ子さんは批判レスが欲しかったのですか?掲示板に事細かに一から十まで報告する人もいないと思いますが、肝心な部分が抜けていたら、返信レスも見当違いのものになってしまいます。事実、私も最初の投稿を読んだときにはマリ子さんのお金やモノについて書かれている部分に集中して読んだのでびっくりしたし、正直批判的な気分になりました。2回目の投稿を読んだときには、がらっと印象が変わりました。
自分の抱えている問題をどこまでオープンにするかはそれぞれで判断の分かれるところでしょうが、批判が多かったら余計にストレスがたまりませんか・・・?
で、本題ですが、彼というか婚約者の方はこの件に関してどういうスタンスなのでしょうか。お金を渡しているようなことも書かれていましたが、自分の親との今後のつきあいや、結納の席での振る舞いについて何と言っておられるのですか?もしかして、婚約者の方の態度がはっきりしていなくてそれがさらにマリ子さんの悩みを深めているのでしょうか。(ともさん)

もういいとおっしゃっていますので、別に読んでくれなくてもかまいません。
マリ子さんがお住まいの地域は、親は、自分は遊ぶこともがまんして子どもに結納金を持たせなければいけないお土地柄なんですね。と言うか、それをわかっていて結納金を用意しないと言うのは、マリ子さんが言うように「結婚反対」の意思表示だったということはないのでしょうか?それとも彼は別の地域にお住まいとか?もしそうだとしたら、マリ子さんもお分かりのように
>こういうことには地域差があるのでご理解頂くのは困難かもしれません。
ということだったんじゃないのかなと思うんですが・・・。
喪服の件ですが、靴下やネクタイ、アクセサリーなど細かい違いはあるにせよ、「喪服と礼服は共通に使える」という認識もあるようです。彼の家族にとっては「礼服」だったんでは・・・。(まみさん)

他人であれば尚更自分の考えるようには動きません。ましてや反対しているとはいえ非常識な行動を現実にとれる方たちのようです。自分の心から切り離しておつきあいしたほうが賢いと思います。しかし彼と彼のご家族を切り離すことが難しいようなら結婚自体も難しいのではないでしょうか。自分がどうするかですよ、結局。相手に期待しないことです。(ゆこさん)

疑問に感じたことは婚約者に聞いてみた方がいいと思いますよ。喪服ということは黒のネクタイ・黒のストッキングだったのですか?憶測ですがマリ子さんが見たものは礼服だと思いますよ。結婚に反対なら結納の際に一族で来てくれないでしょう。(りかさん)

沢山のレスを頂いたのに、お返事もせず失礼しました。所謂嫁入り道具と結婚祝について、ご意見が欲しかったのですが、喪服とお金に意見が集中しちゃったみたいで、未だに思案してます。地域差が大きい事なので暫く考えてみます。
私の場合は結納も挙式も、半分、親孝行です。両親がそういう儀式を望んでいるので、親孝行してあげたいという気持ちです。嫁入り道具、私は最初断りました。結婚資金を貯めていた私には、決してお金に余裕がある訳でもない両親に頼る必要などなかったからです。
でも、その旨を告げると、両親に叱られました。「お金のあるなしに関係ない。親なら子の為に何かしてあげたいのが当たり前。嫁入り道具を用意することが、何故『頼る』なんて言い方になるの」と母に泣かれたので、受ける事にしたんです。
私よりも貯金額が少ないであろうに、あれこれと用意し、気遣ってくれる両親に対し、彼の両親は我関せずの態度。結婚も勝手にやれば、でもお金は頂戴という彼の両親に次第に苛々してきました。何故、彼の為にスーツ一つも買ってあげないのか。彼は誰の為にあんな酷い服を着ているのか、と思うと、腹が立って仕方ありませんでした。「健康なのにあまり働かず、お金はあるはずなのに、 何故息子に頼るのか?そういう彼と結婚してお前が 苦労しないのか心配だ」 と心配する両親を安心させたくて、「彼の両親が〇〇を用意してくれた」と言ってます。(〇〇は自分で買いましたが)
>親は、遊ぶことも我慢して結納金を持たせなければいけないお土地柄なんですね。というご意見がありましたが、土地柄ではなく、親とはそうありたいと私は思っています。何が正しいではなく、私ならそうするという意味です。両親は、私達4人の子どもを大学に出す間、おかずを一品減らし、以前から少しずつ結婚資金を貯めていてくれました。でも彼の両親はお金を使い果たし、彼は苦学しました。結婚資金どころか彼にお金を無心する始末。「お金がない」が口癖の義両親。彼がいつか結婚することなどとうに分かっていたはずなのに、何故散財してしまうのかと考えるとやるせない気持ちになるのです。
兄や姉への結婚祝は、しきたりだからではなく、私の気持ちとして何かしてあげたかったから、贈りました。大袈裟ですが、少々自分を犠牲にしても親兄弟の為に何かしてあげるのは寧ろ極自然な事だと思っています。友達が結婚する時は普通、贈り物をしますよね。兄弟なら尚更という感覚でした。
因みに喪服は、ネクタイは無地の紺?か何かでした。義母は黒ストッキング。詳細に書くと、彼の一族の誰が見ているか分からないので、最初は故意に濁して書きました。(マリ子さん)

それはマリ子さんのおうちでしょ?そのおうちで育ったマリコさんが結婚するからといって、相手も、相手のおうちもそれに合わせないといけないってわけじゃないし、あわせなかったって、責めることでもないと思う。
マリ子さんの娘さんまたは息子さんが結婚なさる時に、その心を親としてマリ子さんがご両親から受け継いだものとして、してあげたらいかがですか?
ま、彼のご実家は所詮は他人ということで。マリ子さんがどうこうする、できる範囲ではないかと思います。何を着るとか、スーツとかもそれは当人の自由でしょ?当人も親もそれでいいと思ってるんだから、いいじゃない?
親を安心させようと、、○○を買ってもらったなんて、うそをつくのはどうかなぁ。気持ちはわかりますけど、マリ子さんのご両親って、「してもらう」とか、そういうのが愛情を計る基準なの?
我関せずでほっぽっといているほうが、よっぽどいいと思うよ。これからの生活築いていくの、自分なんだし。自分のできる範囲でやればいいんだし。立派な嫁入り道具だって、別になくたって結婚生活には何の支障もきたさないと思うし。
マリ子さんのご両親は、マリ子さんに、そういう目で相手の家族を見てほしいとは思ってないと思いますよ。自分達の愛情の形によって、マリ子さんがそう、相手に対して考えるようになっちゃってるんだったら、考えると思うなぁ。(芽衣さん)

結婚となるとこういうところが難しいのよねぇ..と改めて思ったスレッドです。マリ子さんのご両親の価値観も、彼のご両親の価値観もあるんだと思います。本当に結婚なさるんでしたら、これからもこのような価値観の違いに度々苛立ちを覚えるんだと思います。どこかで、うちの親は親、彼の親は親…と割り切れればいいのですが…私も親からの援助は断ったのに、祝い金をもらいました。私は、自分の口座にとってあります。 いざという時に二人で使う事はあるかもしれないけれど、その時までは自分の身の丈の生活でいいから。と親にも説明してあります。嫁入り道具はすでに1人暮らしをしていてほとんど揃っていたこともあって、揃えていません。お祝い金であるなら今はマリ子さん個人名義の口座に入れておいておけば、そのお金をこちらばかりが結婚準備金に使ったという思いが少しほぐれるのではないでしょうか?嫁側がしているから、彼側がしているから…となると、どんどんエスカレートして大変だったりもしますよ。マリ子さんが、両家の考えを割り切ることが出来るといいなぁと思いました。(さやかさん)

マリ子さんのカキコを見た第一印象。「全てが自分の思い通りになったら、皆苦労しないって」と思いました。
親・兄弟に贈り物するのもマリ子さんの勝手じゃないですか?しかも各20万ずつなんて。金額は別として、そういった類のものを強制するって言うのもなんだと思いますが。そう感じざるをえませんでした。
彼は今までのご両親の行動をどう言ってるんですか?お互いできるところを妥協しあうのも大切だと思いますよ。(まーさん)

>嫁入り道具と結婚祝について、ご意見が欲しかった
全般にお返事をしたつもりでしたが、上記とのことですので再度投稿します。自分の体験および意見です。
嫁入り道具は母が必死に情報を集め探し実物を確認しに走り回っていました。そしていいものだと思った時点で展示会場や店舗に連れて行かれて私が気に入れば父がお金を出して買ってくれました。当初は忙しいのと遠方に住むことになっていたので社宅も狭いし引越が大変なのとで断りました。しかしそのうち親の我が子に精一杯のことをしてあげたいという気持ちと娘が別の世帯を作るということに対し自分の中にけじめをつけたいという気持ちがわかりました。それを受け入れるのが親孝行であることがわかりました。申し訳ないと思いながら有り難かったです。あまりに金額が思ったよりも増えていくので正直な話をすると怖かったです。ですのでお気持ちわかります。ご両親も素直に喜んで受け入れればそれで満足されると思います。あなたの喜ぶ姿が見たいからしてくれるのです。それでいいと思います。十分です。ご両親が支度なさったものはあなた個人の財産ですし相手のご家族は関係ありません。
結婚祝いについては婚約指輪の値段を義母が聞いた途端に「じゃあ、結納金はいらないね」と言ったそうで結納金も結婚祝いもありませんでした。彼がわざわざ報告したのではなく義母から値段を尋ねてきたのだそうです。母は激怒しました。彼の希望(ほとんど命令)で婚約指輪を買ったので私も義母が即座に言ったというその言葉に違和感を感じています。しかしそれを夫が私に報告してその通りに行動するということは、つまりは夫の意思だということなので特に追及しませんでした。
親兄弟でも意見の相違はあります。ましてや他人ですから理解不能のことはあって当たり前です。お互いの常識の違いをすり合わせていくことも大事ですが、全てが一致することはありえないし時間の無駄です。どの辺で線を引いて納得するかが処世術だと思いました。そして以後はそれに沿った対応をしていけばいいのです。
あまり周辺のことに気をとられず回さずに、事実は事実として受け入れこの人と結婚して何が一番大切なのかを念頭に入れて準備を進めることをお勧めします。
投稿を読ませていただいて、気持ちが整理されないまま結婚してしまう前に彼と結婚に関してじっくりと話し合う時間を持ったほうが後のためになるように感じます。
いきなり>彼にしっかり「貴方の親からもお金を出して欲しい」というべきでしょうか。では彼が驚くと思うので、まあ、実際にはそんなことは言えるわけがないとおっしゃってますし、結論からではなく何故マリ子さんがそう思うに至ったかのところから順々に話して彼の気持ちを遮らずにマリ子さんも落ち着いて受け止めたら結婚後の生活がうまく始まるのではと思います。
せっかくご両親もご兄弟も祝福して精一杯のことをしてくれているのですから幸せな花嫁さんになってください。そして幸せな結婚生活を送ってください。それが最大最高の親への恩返しだと思います。(ゆこさん)

私の場合、お互いの親からお金でお祝いをもらいました もちろん金額に差はありましたが、それぞれに少しずつコツコツ貯めてくれていたものです 家具類はそういったお祝いや自分たちの貯金から二人で買いました だから「嫁入り道具」というものはありません また、結納は必要ないという考え方なのでしませんでした ちなみにお互いの兄弟から高額なものは何ももらっていません(笑)エプロンとかスリッパぐらい・・・親からの援助は一切無しという方もたくさんいらっしゃいますし、お祝いの表現は様々ですよね 価値観・習慣は家によって様々ですマリ子さんがカーッとなってしまうのもよくわかります ちょっとした考え方の相違でもめてしまうものですから でも彼氏さんのご家族の価値観・習慣を変えることは不可能でしょう両家のそういう部分があまりにも違いすぎると、親戚として付き合っていく上で大変でしょう そういうことが原因で破談になってしまうこともありますよね 深く考えず割り切るか、割り切れず結婚をあきらめるかのどちらか
そもそも「彼の両親が大反対」なのはどうしてですか?そこを解決しなければ、余計に何もかもカチンとくるのでは?(PEPEさん)

>皆さんは結婚祝い、嫁入り道具、どうされましたか。
うちの場合、結婚祝いについてはそれぞれ現金を実両親からもらいました。嫁入り道具というものはありませんでした。新生活に必要なものは自分たちで揃えました。もし‘母に泣かれた’ならその旨を結婚相手に相談して違う結果になっていたかも。
彼は彼の両親に対し、マリ子さんのようにイライラしているのですか?たくさんのことをしてくれるマリ子さんの親に対し彼も「それが当たり前」と思っているのかなぁ(りかさん)

こんにちは。結婚祝について。私は妹の「結婚祝」渡さなかったですヨ、何も。迷ったには迷いましたが、後々私が結婚する時に妹も「結婚祝」と考えたら負担だろうから。。もしかしたらその頃妹夫婦に子供いるかな??とか考えて。考えは人それぞれですが、私のようにお祝い渡さない人もいるんですヨ。
それから皆さん言っていましたが、マリ子さん家はマリ子さん家、彼家は彼家です。経済観念が違うのは当たり前の事。彼家が結納金を出さない事も、息子にお金を要求する事も、嫁入り道具を用意する事も、元々が違うんですから、何故(?_?)と思う気持ちは分かるけれど、もう仕方ないですよ。今更どう頑張ったって、彼親の考えを考えることはムリですよね〜あとはマリ子さんが彼親とどう距離をとるかじゃないですか?
結婚生活長〜いです。ムカツクことあるでしょうが、そういう親だと思って線を引いた方が賢いよ♪(こんなことでイイのかしら・・・)(りんたさん)

私の両親は、お祝い金は一切出しませんでした。嫁入り道具も、結納金から布団と礼服を買う、という始末。(普通、嫁入り道具って自分の家で用意するもんだろうが。)と娘としても突っ込みはしたかったのですが、うちは経済的にもあまり余裕はなく、お金はないけど娘のために何か持たせたい、という気持ちがあるんだろうと好意的に解釈し、その通りにしました。それに比べて彼の両親からは、結納金に加えて、一応言葉の上ではお金を貸してくれたということになってはいますが、計200万ほどのお金をいただきました。(返すつもりですが。)
>親とはそうありたいと私は思っています。>何が正しいではなく、私ならそうするという意味です。
ご自分でわかってらっしゃるなら話は早いですよね。私ならそうする、ということを、彼の親がそうではなかったことで責められないですよね。イライラするでしょうけど。あとは、マリ子さんが仙人にでもなった気持ちで(笑)心を落ち着けるしかないのではないでしょうか。
>「お金がない」が口癖の義両親。彼がいつか結婚すること>などとうに分かっていたはずなのに、何故散財してしまうの>かと考えるとやるせない気持ちになるのです。
いい年なのに散財してしまう、彼らの生活スタイルはどうかと個人的には思いますけど、それが彼がいつか結婚するとわかっているのに、なぜ散財するのか、という発想はどうかなあ。これも結局、親は子のために何かしてあげるのが当然でしょ、ってマリ子さんが思ってるからですよね。
私の場合、マリ子さんがイライラしている似たような原因は自分の親だったので、マリ子さんとはケースが違うかもしれませんが、結局皆さんが言っているように広い気持ちになるしかないですよね。彼と結婚したいならなおさらです。同居するとかそういうことなら話は別ですけど、結婚式が終わって新生活が始まったとたん、自分の親とあれほど色んなこと(ほとんどお金)でもめていたことが嘘のように平穏な毎日がやってきましたよ。今イライラしても、疲れちゃうだけですので、むかつく!と思っても笑顔でにっこり、その場を乗り切っていきましょう♪(笑)(saoryngさん)

私達は全て自分で用意しました。私は両親共に他界しているので、どうしようもないんですね。義父は出したがりましたが夫がお断りしました。息子に何かしてやりたかった義父(親心として当然だとは思いますが)はにゃぁにゃぁ言ってましたが彼の説得で「私の環境に合わせる」事を理解してくれました。
マリ子さんの彼は自分の両親に対してどういう感想を持っていますか?彼本人も自分の親に苦しんできて、嫁側の援助を心苦しく思っているのであれば、マリ子さんに「どうしてあなたの親御さんは…」と言われてしまったら、辛いと思いますよ。
こういう親御さん持ってる男性いましたが、結婚の際に「薄々気付いていたけど、自分の親があんな酷い人間だとは!」と再認識して、相当自分の親とやりあいました。結局、結婚後もなんだかんだと酷い目にあい、すっかり自分の親にこりた彼はあれやこれやと良くしてくれた嫁側の両親にすっかりなつき今では妻親と同居して家までたてて仲良くやっています。同居してもらった親御さんは大感激して、「酷い親だと心配したけど、おかげでこっちにきてくれてホント良かった!(酷い親の分も)○○ちゃんは可愛がってあげなきゃ」と婿を王子様みたいに大事にしています。向こうの御両親はギャアギャア泣いたり、老後の面倒や同居を哀願したりしていますが彼はもう「あいつらは自分の事しか考えない。金だって俺の金まで散々好き勝手に使ってきた。俺も自分が一番幸せになれる所に住む」と意に介していません。冷たいかもしれませんが、所詮、自業自得ってコトでしょう。
酷い親と思うかもしれませんが、何が幸い(?)するかわからないものです。大事なのは彼本人の価値観です。そこさえ間違えなければ大丈夫だと思いますよ。(keroさん)

もっと単純に、マリ子さんは彼が嫁をもらう側なら、嫁側に合わせるのが筋ですよね。結納するのも何するのも彼の嫁となるまでは!なんで私がもらわれる側なのにそっちにあわせないといけないんだ?!なんで何もしてくれない!?そこがイチバン言いたいところじゃないです?
そうなると、結婚にナゼ反対なのかがすべてですよね。(みずたまさん)

私も気になり書き込みに参加です。地域性があると思うのであれば友人に結納のことを聞いてみたらどうでしょうか? それなら地域も一緒ですし同じ回答が出てくるかもしれませんよ。
それとマリ子さんは彼と結婚するんですよね?彼と一緒に幸せになりたいんですよね?それなら彼をたてる為にも、結納・結婚式・お金・服装・彼の両親の振る舞い全部あきらめたらどうでしょうか?「あー この家はこうなんだ」と反面教師として思ってみてはどうでしょうか?ひょっとして今一番大変なのは板ばさみになっている彼かもしれませんよ…
でもどうして大反対されているのに結納まで求めたんですか?そしてマリ子さんの両親は反対されてるのを知ってるんですか?それが気になります。(せりかさん)

沢山のレスを有難うございます。
>スーツとかもそれは当人の自由でしょ?当人も親もそれでいいと思ってるんだから、いいじゃない?
彼等が良くても私が良くないんです。義親の散財を知らず、彼だけが苦労している。独身の時なら兎も角、結婚すれば家計は一つになります。なんで義親の無駄遣いの為に私達が借金しなきゃいけないのかと頭にきちゃって。義親に寛大になれない私は鬼嫁みたいですが、ムカムカしてしまうんです。私の両親に挨拶に来た時も酷い格好だったので、急遽途中のお店で買いました。義親は挨拶に来るのを知っていたのに、何故自分の息子をあんな格好で送り出したのかとこれまた腹が立って。
>親・兄弟に贈り物するのもマリ子さんの勝手じゃないですか?しかも各20万ずつなんて。金額は別として、そういった類のものを強制するって言うのもなんだと思いますが。
勝手の意味がよくわかりませんが、私の地域では贈り物をしない人を探す方が難しいのです。親戚・兄弟なら家具か電化製品が普通。従兄弟なら5万(炊飯ジャー等)、甥姪になら10万程(レンジ等)。兄弟なら20万(家具など)。親なら車や家などなのかな。詳細は私もよく知りませんが。子どもの頃からそれが当たり前に思ってたから、そうしたまでです。けどこれは見栄でする贈り物ではなく、本当に普通にすることなんです。でも相手に強制はしていません。義親にはこれからも何も言えないと思います。
>彼は彼の両親に対し、マリ子さんのようにイライラしているのですか?
全然。全くです。
>たくさんのことをしてくれるマリ子さんの親に対し彼も「それが当たり前」と思っているのかなぁ
当たり前ではないのですけど、有難く頂く感じです。
>これも結局、親は子のために何かしてあげるのが当然でしょ、ってマリ子さんが思ってるからですよね。
そうですね。親は子の為に、そして子は親の為に、できる限りの事をしてあげたい、するべき、と思ってますね。私は。まだ親離れできていないのかもしれません。
>地域性があると思うのであれば友人に結納のことを聞いてみたらどうでしょうか? それなら地域も一緒ですし同じ回答が出てくるかもしれませんよ。
近くの友達は、従兄弟や兄弟と同じ形の結納、結婚でした。結婚祝もです。だから余計、なんでって思ってしまって・。
>でもどうして大反対されているのに結納まで求めたんですか?
親孝行したかったんです。私も、するもんだと思ってたし。
>そしてマリ子さんの両親は反対されてるのを知ってるんですか?
こういう状態ですから、色々感じている事はあるようです。私は自分の両親に心配かけたくないんです。義両親は、この地域では、どうみても一般的ではない事をしているので、親が心配しています。そんな親を見ていると、申し訳なくて、つまらない事でもムカムカきてしまうみたいです。でも、皆さんから色々ご意見頂いて、少しずつ落ち着いてきました。所詮は他人なんだし、割り切るしかないんですよね。皆さん色々有難うございました。(マリ子さん)

そんなに外見重視しなくてもいいじゃない? 着ている本人がいいと思ってるのを「私は嫌」って言うのはどういう理由で?「私の横に立つ男としてふさわしくない」ってことでしょうか? それじゃあちょっとコントロールしすぎな気がします。
結局は、ありのままの彼ではいけないということでしょうか。親孝行のために大反対されてるのに結納まで求めたというのも、結局「カタチ」にこだわってる気もしますし、、、。ご自分の親への愛が他人(これからは他人ではなくなるのですが)への強制と支配に変わるのであるのは、ちょっとこの先もいろいろ起こる気がします。
彼さんがいいと思ってるんでしょうし、そこはいいじゃないですか?家計を一緒にしなければいいじゃないですか。私は自分のためたお金、働いて得たお金は「自分の」良心への親孝行に使いたい、あなたはあなたでご自分のご両親を助けてあげてって。
そうする以外に、お互いが幸せに満足できるやり方が私には見つけられないので。。
難しい問題ですね。。。。(芽衣さん)

自分の中に溜め込まず、彼にこの気持ちを話して愛される妻になってね。マリ子さんのイライラへの特効薬は、レスする私たちの百の言葉よりも彼の一言かもしれませんよ。(りかさん)

外見重視ではないんです。親への挨拶(初対面)の時は、スーツに革靴が礼儀ですよね。でも彼はおよそ挨拶には不釣合いな格好でした。お葬式にアロハ着ていけば相手に失礼。そんな感じ。私と二人だけの時は何でもいい。でも、私の両親の前では、礼儀を重んじて欲しかったんです。そうでないと、彼の両親はどういう教育をしてきたのか?と思われてしまうし。
結局、私がやんわりと彼に話をすれば良いのですが・・彼も義親も相当型破り。予想できない行動をとるから、事前にうまくやりようがなかった訳です。
皆さんの様々な意見は本当に参考になりました。相手が私に合わせるのが当然。家族は何をしてでも助け合うべき、という考えに偏ってました。生活環境があまりに違う二人ですが、私がうまく歩み寄って暮らしていこうと思います。(マリ子さん)

彼はそういう御家庭に育ったので、単純に「経験の機会がなかったのでわからない」のだと思います。根っこの価値観が間違っていない彼ですから、マリ子さんと、マリ子さんの御家族にふれて彼も成長していくと思いますよ。わからないうちはヘマもやるでしょうが、暖かく見守ってあげて下さい。
人は違うから、ひかれあう時も多いんです。(keroさん)

そうです!がんばってください!でも、彼にも歩み寄ってほしいですよねー!
私のところだって、細かいこといえば彼の家族でおはようと挨拶もしない、お正月集まってもお茶飲んでるだけとかがカルチャーショックです。(みずたまさん)

ぱんこまるです。いや、他人事ながら(失礼)興味深く拝見してました。ぶっちゃけ、要するに、マリ子さんと違う世界に住んでいる人達と遭遇してビックリ!ということでしょう。私も正直ダンナ方の両親の服装や金銭感覚や常識さ加減にカルチャーショックを受けたこともあります。結婚の資金も全て自分達でまかないましたし、ダンナ家から一切結婚祝い金とかの話も出なかったです。私の家からは祝い金と嫁入り道具をそろえてくれましたが、だからといって、ダンナ家が全く何もしてくれなかったから不満があるとは思いませんでした。だって親は親、私達は私達なんですから。なにも両家の考えがなも合致しなくてもいいんじゃないかと思って。考えが極端に合致しないのは同じ家族内でもありますよ。私は兄弟が結婚したら祝いをあげたり貰ったりするのだと思ってましたが(現に私でしたら相応の現金でも包みますし)、妹からは一切何ももらい(この場合、貰え?)ませんでした。お姉ちゃんが結婚するけど私の生活にはあんまり関係ない、くらいの軽い考えみたいです(笑。決して仲が悪いわけではありません)。それより結婚する彼とどう向き合うかが大事じゃないですか?お財布がひとつということは同居ですか?それも含めて、じっくり向き合ったほうが心はいくらかでも軽くなると思いますよ。(ぱんこまるさん)

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280