結納をしないで家族書の交換、どういう形式で?ーBBSより転載

♥あるるさん
以前にもご相談しましたが、最近、また判らない事があって投稿しています。私は半年ほど同棲した夫がいて、結婚にあたり、結納をどうするか両親に確認したところ、「結納は今更いいから、できるだけ早くきちんと籍を入れた方がいい」「しかしあくまでも相手の家の意向に従う」といわれ、それを尊重して、年末に入籍しました。夫のご家族とは入籍前に食事会をしています。次は夏ごろに結婚式、と予定していますが、最近になって母から「普通、家族の生年月日や勤め先を交換するべきだ。籍も入れているのに未だにそれがないのはおかしい」と怒られ、一方的に家族の生年月日・兄弟の勤め先が書かれた紙と、父方のおじ・おば・いとことその配偶者全ての生年月日が入った家計図が送られてきました。
夫に相談したところ「普通に結納をする場合なら家族についての情報も予め交換するけれど、普通の手順を踏まないでいいとそちらから言っていたのに、結婚したあとで怒られても困る。夫の家族に合わせるといっておいて、結局自分の考えを押し付けてくるのはどうなのか」と言われました。
母親は以前から、夫のお父様の勤め先(既に定年後8年になります)が知りたくて仕方がないのです。職種と役職については私も彼から聞いていて、私の両親には説明してあります。勤め先も、彼がご家族と会話した中で知ってしまったのですが、直接彼から聞いたことはありません。そこはお父様の定年の頃に倒産した会社で、彼は言いたくないのかもしれません。だったら言わないでもいいと私は思うのですがしつこく知りたがる母親に苛立ってしまいます。一方、私の家は莫大な借金があるのですが、「そういうことはあえて話さなくていい」と言われます。話さなくていい問題でしょうか!?私はプロポーズされる前に言ってあります。借金抱えた娘と結婚したくない人は沢山いると思いますし。自分の言いたくないことは隠そうとして、自分の言いたい事(母はうちの家系を誇りに思っています。。。)や知りたいことを押し付けてくるのは非常に疑問です。
まあ、でも、冷静にならなければいけませんよね。普通、家族や親戚の情報というのはどの程度、どういう形式で交換するものなのでしょうか?それを踏まえた上で今後の対応を考えたいと思います。よろしくお願いいたします。

あるるさん、こんにちは。家は結納を交わしたとは言え、略式だったので相手と家族書のようなものは交換していません。互いの情報は普段の会話である程度把握して親に話しました。(結納の前に両親を含めて2回会ったのでそこでも家族の事は何気なく話されていました。 親達はだいたい互いに自分から出里・・故郷の話・・自慢?などもしていたようです。)
これがお見合いとなるとまず家族書の交換となりますよね。あるるさんのお母さんは昔の日本の風習のことも少し頭にあるのかも知れません。とはいえ相手方にするとちょっと堅苦しいと考えられたかも知れませんね。でもそう言っているのが自分の母親でまだ良かった?と思われたら良いのでは?相手の親なら直しようがありませんが自分の親なら意見も言えるし。借金の事も相手の親御さんに言っておいた方がいいのでしょうが親にもプライドがあるでしょうしね。今後はあるるさんと彼でうまく両家の間を調整していけば良いと思います。(さ・いらさん)

私も結納をしなかったので、旦那側に「家族書を交換したい」と言われたときは「?」って思いましたが(ちょっと喧嘩しました・笑)、今思えば交換して良かったと思います お義母さんが「便利だから」と言っていたけど、確かに無いよりは有る方が便利ですよね家族の名前、親戚(2親等)の名前と住所のみの簡単なものでしたけど会話での情報は正確に覚えられないから、紙で残す方がいいでしょうね 親戚になるわけですから、最低限の情報は交換する方が良いと思っています
プライベートなことを細かく教える必要も無いと思いますが、多額の借金があるのは心配ですね お二人の結婚生活に影響するようなことがあれば耳に入れておく方が良いかと思いますが、実家で処理できることであれば言わなくても構わないと思います(PEPEさん)

さ・いらさん、PEPEさん、ありがとうございます.参考になります.
>さいらさん、わたしも普段の会話で大まかな背景は話してありますし,両家の顔合わせの際に両親同士がある程度のことは話しています.母は見合いのような形で結婚したので、やはりそれが頭にあるのでしょう。私は基本的に相手のご両親にあわせたいので、先方から言われればすんなり受けたいのですが、先方が希望しないことを自分の親が求めてくるのが頭が痛いです.その時に、なんでも「それが常識」と言い切られてしまい,私は結婚における常識はよく判らないので一体何が常識なのか、確認してから言い返す,というかんじです。
>PEPEさん相手方に失礼でない言い方であれば、最低限の情報は確かに便利かもしれませんね.借金については、基本的には両親の代で済ませることにしてあります(借金を相続しない代わりに財産も相続しない、という形です).なので、彼には話しましたが、彼が自分の両親に話す必要はないと判断し、そこで留めています.(あるるさん)

私も身上書を交換しました。彼が挨拶に来た際、顔合せの際に、それぞれ用意するように、といい、私はいまどき・・ってちょっと抵抗しましたが、結局父の言うとおり、二人で同じ形式で書きました。(自己流です 笑)先方はそこまでは言ってませんでしたが、提出したことで、不快感はなく、きっちりされてる家って印象をあたえたようです。PEPEさんのおっしゃるとおり、便利ですし、どういう家族構成なのかもよくわかっていいと思いますよ。うちの父いわく、これで縁も広がる可能性もあるし、時間があいてから確認しにくかったりしますよね。ってことでした。
今回順番が逆になってしまってますが、希望があるのでしたら交換しておいたほうがいいかと思いますよ。彼さんへは上手に言って納得してもらって下さいね。お互い、相手先を立てようって気持ちがあると思いますので、彼さんも言い方で納得してくれると思いますよ。(まろん☆さん)

まろん☆さん、ありがとうございます。確かに、きっかけとしてはいいタイミングですね。ただ、私の母の場合、まず直接彼に電話でそれを要求したのです。私に事前に何も言わずに。しかも、大分怒った口調で、彼は叱咤されたという印象をもちました。それは、お正月の訪問予定を決める電話だったのですが、私の母は怒ると切れて、相手構わず言いたいこと、今まで言いそびれたことをまとめてばーっと言ってしまうのです。彼に対して失礼だったと思いますし、彼も大分当惑してしまいました。先に私に言って、いいタイミングを計らって彼や彼のご両親に申し出ることが出来れば、スムーズにいけたと思うのですが。。。
愚痴になりますが、私の母は、よいタイミングに、順序だてて、穏やかに、何をすべきか話をするということが出来ない人なので、なんだか一つ一つ話を進める度に衝突があります。両家の食事会をする際も、ホテルの和食、と決めて、その立地や食事の種類がそれでいいか事前に承諾を取ったにもかかわらず、当日の直前になって「和室で正座はイヤ」と言い出したり(掘りごたつしきだったのでよかったですが)。「言うべきときに言わないで後でゴネないで!」ということばかり。彼も「結婚式は夫の家に合わせるなんていって、結局後であれこれ文句言うんじゃないの?そんなこと言われるくらいならやらないか、いっそあるるの両親に丸投げした方がいいんじゃないの?」と言うこともあるくらい。実際、既に候補に挙げた都内のホテル2つについても、立地についてクレームをつけてます(彼には言ってません)。今まで自分の人生の選択については、かなり親の意見を黙殺してやってきましたが、結婚式は、彼もいるのであまり変なこともできず、難しさを感じますね。。。(あるるさん)

あるるさん、そんな経緯もあったのですね。それはちょっと大変ですね・・。できるだけあるるさんが間に入って、彼さんがいやな気持ちにならないようにするのがベストですが、直接電話されてしまっては本も子もないですよね。あるるさんのお父様にお母様を叱咤というか、言っていただくことはできませんか?とりあえずお式が終わるまでは我慢して頑張ってくださいね。彼さんも義理のお母様になるので、一生付き合っていかないといけないし、できるだけ悪い印象は与えたくないですしね。
どんな方でもあるるさんのお母様に間違いないので、大変でしょうが頑張って準備進めてくださいね。(まろん☆さん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする