実家の母は、なかなか子離れが出来ない人ーBBSより転載

♥るいさん
結婚して半年になります、るいと申します。はじめまして。
最近母について、どうしたらいいのか分からなくなってきましたので、ご相談させていただきます。実家の母は、なかなか子離れが出来ない人で、結婚するときも私を手放したくない一心で、結構大変でした。今は1時間くらいの距離のところにすんでいます。
寂しがりやなのは十分分かっているので、私もなるべく毎日3分でもいいので電話をして、色々話したりするのですが、母の機嫌が悪いときなど、あるいは病気で心細いのか「あなたは遠いところへ嫁にいってしまった」とか「顔を見せることが親孝行なんじゃないの?お誕生日とかにごはんをご馳走されてもうれしくない」とか寂しさのあまり?なのか、私を「親不孝」的な発言を繰り返すのです。どの親も子供が離れて行くと寂しいし、心細いですが、何もここまで言わなくてもいいのに・・・と正直思ってしまいました。離れた子供としては自分たちがしっかりと新生活を進んでいって、親に安心してもらいたいし、そうするのが親孝行だと思っているのですが(もちろん、2ヶ月に1回は実家に帰ったり、記念日はプレゼントを渡したりしています)、親は子供にそんな発言を繰り返すことが、かえって子供を心配させてしまうと思わないのでしょうか?親なら子供になんでも言ってもいいというところが母にはあるので、正直素直に帰ってあげたいとか思えない自分がいます。昔からこういう母の性格(自分の感情のまま相手にぶつけるところなど)にはふりまわされてきたので、もううんざりという気持ちもあります。でも母親なので、放っておけないですし。こっちもこっちの生活があるので、母の要望どおり帰ってあげれないときもあります。どうしたらいいのでしょうか?結婚を機に、母には子離れをして欲しいのですが・・・

うちの母も似たようなところがあります
最近は、子供の私が言うのもなんですが
だいぶ成長してきて 感情のままに気持ちをぶつけることも
少なくはなってきましたが まだまだそういうときがあります私は大学のときから家を離れましたが
最初は「週に1回くらい電話しなさい」(当時電話代が高かった)といわれ
月に2回くらいしていたらもっと電話しろと文句を言われ
無視して自分のペースで電話をしていたら
でもそのうち月に1回くらいでも文句をいわなくなり
留守電にメッセージが入っていたときも
最初はすぐに連絡をしてたけど徐々に翌日、翌々日となり
それも最初は文句をいわれましたが
そのうちかかってくると諦めてくれました寂しい気持ちはわかりますが
こっちにもこっちの生活があり
親のことを思わないわけではないけれど
いちいち相手も出来ないので
少しずつ距離を置くようにしたほうがいいと思います私だったら
「ずっと傍に居て お父さんとお母さんが亡くなった後
一人になってしまったほうがよかったの?」っていうでしょうるいさんは優しい方のようなので難しいかもしれませんが
でも少し冷たくしてもいいんじゃないかなぁ
「お母さんの思っている親孝行とはちがうかもしれないけど
これが私なりの親孝行なので、わかって欲しい」って言ってみては?一度 自分がこのことでどういう風に思っているのか
お母さんに言われた言葉でどれだけキズついているのか
伝えることをお勧めします一度じゃお母さんは納得できないと思うので
何度も何度も繰り返し繰り返し 諦めずに言えば
きっとお母さんも わかってくれると思います
あとは時間がある程度解決してくれると思いますしお母さんに「そんな風に言われたら何もしたくなくなる」と
うそでも言ってみたらまずいですか?
でも それもきっとるいさんの本当の気持ち(の一部)ですよね?
そんなこといいたくないのもるいさんの気持ちにありますよね?
だったらそれをぜーんぶ伝えてみるんです出来ればお母さんを責めるのではなく
私はこういう風に思っているというのを
ノートに書き出してみてから言うといいかもしれませんそれから お母さんに趣味を持ってもらうように
遠まわしに勧めてみては?
子離れできない人の多くは生活の楽しみが子供という人で
自分が熱中できる趣味を持ってないことが多いと思います
人に楽しみを求めていては 求められたほうはたまりませんしね時間はかかると思いますが頑張ってください(かおりさん)

お母様は更年期ではないでしょうか?その時期はとても不安定になりますよ。うちも同じです。母は私の結婚が決まったときはとても寂しそうで見ていられなかったので、結婚当初半年はほぼ毎日仕事帰りに実家に寄りました。実家と職場が車で5分の所にあったためにできたことですけど。
今は実家から車で40分程の距離に住んでいますが、週末は必ず実家に行きます。毎日仕事から帰ると必ず電話しますし、どこかに出かけるときは電話かメールで伝えています。これは大学生の頃からの家族皆の習慣なので、遠くに住む2人の姉も同様にしています。
さて解決策ですが、テレビ電話にしてみてはいかがですか?うちは姉二人、私、兄、実家の家族全員でテレビ電話にしました。パソコンは常時電源を入れておき、朝と夕方、テレビ電話で話します。顔を見ながら話せるので普通の電話よりもぐっと身近に感じられますよ。孫の顔を見られるし、母も喜んでいます。(すみれさん)

かおりさん、すみれさん、ありがとうございました。
かおりさんの言うとおり、子離れのためには少々冷たくすることも必要ですし、すみれさんの言うとおり、更年期というのもあるかもしれません。母も以前よりは、あまりぶつけてはこなくなったほうですが、たぶん自分でも「子供を見守ろう」と思おうとしているとは思うんです。ただ、それがあるときぷつっときれてしまうのでしょう。母は友達もいますが自分の心のうちを全て話せる人がいるのかどうかは不明です。私には兄がいるのですが、お嫁さんの愚痴などは絶対私に電話で話してくるし、私に対して寂しい気持ちがあることも、友達には話してない気がします。世間体をすごくきにする人だし、プライドもあるので余計に自分で自分の中にためてしまうのでしょう。そのはけ口が私だったのに嫁に行ってしまったので、私に八つ当たりをしてるのだと思います。でも、これも母の試練ですから、気持ちを徐々に切り替えてもらうよう、私からも話してみます。すみれさんのように、毎週帰って顔を見せてあげるのが母の望みだと思いますが、旦那さんも毎週うちの実家につれていくのが少々かわいそうなのでそれはなかなか難しいところです。旦那さんのご両親がとくに母とは正反対のタイプ(自分の自我を押し付けないタイプ)なので、旦那さんには少々理解しがたいかもしれません。テレビ電話もすみれさんのご家族のように、みなさんが協力的であればいいですよね。。。うーーん。
出来る限り顔を出してみようと思います。(るいさん)

まだ見てらっしゃるでしょうか。
るいさんにわがままを言う、お嫁さんの愚痴を言う、等はやはり
女同士だし、娘のるいさんが一番言い易いというのもあるでしょうね。
すみれさんのおっしゃっているように、更年期の症状かも知れません。
あと、子供が巣立って寂しさがピークに達しているときなのかも
知れませんね。以前、母が婦人科系の手術をした後(随分昔ですが)、精神的に
不安定になった時に(旦那のお母さまも同じような症状が出た
らしいですが)病院の先生が『夢中になる趣味を持ちなさい』
とおっしゃいました。身体を動かしたり、何か楽しくて夢中になる
ことを見つけてあげるのも良いのではないかと思います。
すぐには見つからないでしょうが、解決策のひとつになるのでは
ないかと思います。それからお父様がいらっしゃるなら、お父様のフォローも大切かな、
と思います。参考になれば。。(さ・いらさん)

さ・いらさんありがとうございました。
何か趣味を持って欲しいですね、本当に。何度か言ってはいるんですが「そんな無駄使いできない」といって、なかなか新しいことにチャレンジできないでいるみたいです。お金をかけなくても趣味は見つけられるのですが・・・・。父はちなみに何も家のことは出来ない上、典型的な亭主関白ですから、母も大変なようです。それも大きいと思います。
親切なアドバイス、ありがとうございました。
先ほども電話で泣かれてしまいましたが・・・来週あたりかえろうと思います。。。(るいさん)

関連コンテンツ 広告