夫婦の生き様はそれこそ、夫婦の数だけ違うーBBSより転載

♥kayokoさん
ここは、女性の方が多く、意見も女性側に偏っているような気がして、少し書き込みをさせてもらいました。
親戚が今離婚問題でもめています。
私の実家を含め地域的に田舎なので昔がらみの農家的な古い考えがある家です。そこに関東のサラリーマンの娘さんが嫁いできました。従兄とは遠距離を含め5年越しの恋愛結婚で1歳になろうかという息子さんがいます。
従兄はぶっきらぼうというか、頑固な所もありますが熱い心の持ち主で実家の事業を継ぐ為に一生懸命でした。
お嫁さんもとても人なつっこく話しやすくしっかりした明るい人でした。
従兄の家には祖父母もいて介護を必要としている家でした。
恋愛では見えなかったお互いの生活が価値感の概念のズレでしょうか?よく衝突をしていました。
従兄はお嫁さんを両親や祖父母から守るというような形で、実家の横のマンションに住んでいたのですが、やはり奥様の不満もたくさんあったようで、色々と言われたそうです。
奥様も友達がいない土地に来て、違う風土になじめなく、頼りにしている夫は事業の為ほとんどいない。そりゃそうなても仕方ないのかもしれません。
お互いがやはり、自分が一番頑張っているとなっていたんではないかと。。。
従兄は自分でなく家族や事業の事を言われたのが耐えられなかったそうです。限度があると。。。
奥様が別れたいのかと思っていたので、驚きました。
離婚に至るまでお互いの気持ちのズレの原因は色々あったんだろうと思います。
でも、家族が増えて、、自分が自分の家族が大切なように相手も自分の家族が大切なのを忘れてはいけないなと思いました。
最初に環境に対応することをよく考えなくてはいけないし、お互いがお互いを思いやれる人間であるか、結婚に一番大切なのは思いやりだと思ったのです。
私も準備でたくさん彼の両親へ自分の家と違う事に疑問を感じて感情をぶつけたり、彼の性格を否定してしまいました。
後、一週間を前にこんな話をしってしまいショックでした。
それだけ結婚は大変。
大変=大きく変わるということなのかもしれないですね。
そうでない人もいるかもしれませんが(^^;)。
大きくなるよう変わる努力をしよう!そして幸せになろうと思います。
コメント表に従兄夫婦の事を書いてしまっていて、もう訂正はできないので了承をもらっています。従兄夫婦と同じ会場で式をするので出席する従兄は辛いのかな。。。と思ったり、これをきっかけに思い出して仲良くなってほしいと思ったり、、、何か力になれないかなと思っています。
二人の仲を私にどうこうできるとは思っていませんが、、、
やっぱり大切な人達みんなが幸せになって欲しいのです。
従兄の奥様は友達のように仲良くしていたし、戻ってこさせてあげたいです。
ただ、とめどなく感情を綴ってしまいすみません。

正直、こちらにのせる文章かな?と思います。
色んな方に結婚に関しての相談をし、皆様からご意見をもらっているページの様に私はとらえているので。個人的で、日記的な感情を書き込むならフリーページでいいのではと?
管理人の方ではなくこのHPの趣旨を理解できてないのは私の方かもしれませんが・・・。正直、そう思いました。気分を害されたらすみません。(匿名さん)

もうし訳ありませんでした。
そうかもしれませんね。うまく表現できませんが、多くのお嫁さんが姑、舅といった相手側に対する不安を語られていて、私自身もそういったことがありました。
でも、それはやっぱり嫁側の意見に寄っている所があり、逆に夫や義両親達の立場はどうなんだろう?と思ったのです。
自分もそうであるように、自分の人生はとても大事。でも、それが結果的に悲しい道になってしまうこともあると思い、歩み寄る精神を持たなければと思ったのです。
これから結婚される皆さんにも伝えたくて。それは余計なおせっかいでしかなかったみたいで本当にすみません。
自己満足ですよね。ごめんなさい。(kayokoさん)

ごめんなさい。
本スレ及びレスで
嫁側ではない方の立場で・・・と書かれていますが、
読んだ感想は
従兄の現状に不安を抱いたkayokoさんの心情、つまり花嫁サイドの気持ちにしかとれませんでした。
だから、上の匿名さんのような意見が出てしまったのではないでしょうか?
kayokoさんも、本当は今回のことでもやもやしてしまった自分の気持ちをどこかにぶつけたかったのでは?
kayokoさんの今回書き込もうとしたことは「余計なおせっかい」とは思いません。ですが当事者の書き込みではないので説得力にかける分、従兄の心情よりそれを聞いて動揺しているkayokoさんの気持ちの方が前面に出てしまい、そのような印象を受けてしまったのかもしれません。
(あくまでも個人的印象ですが)
親族にそういう悲しい出来事がおきてしまい、簡単に気持ちの切り替えもできないかもしれませんが、式当日は自分と彼の絆を信じて、素敵な1日をお過ごしください。
なんかKayokoさんの気持ちもわかるけど、レスした匿名さんの考え方もわかるので変な書き込みをしてしまいました。
気に障ったらごめんなさい。(私も匿名でさん)

お式は近いのでしょうか?kayokoさんご自身が義両親さんとの間で不安な思いをされているのなら
ごめんなさい。
でも、義両親も立てつつがんばっている方がたくさんいらっしゃると思うので(私もその一人だと思っています。)
ひとくくりに義両親の立場で・・・と書いてしまうのはどうかな。そういった意味でも、ロムしている方々への配慮も
必要だと思います。辛口で失礼しました。(匿名で・・・さん)

ここは結婚前後の立場の人が不安になったことを相談し
いろんな人に意見をもらって安心できればというページだと思うので
わざわざ無理して(本当の状況をわかってない状況で)
逆(義両親)の立場になって書き込む必要なないのでは?
みんな同じようなことを体験して乗り越えてきてるよ
みんな似たようなものだから あなたも頑張ってと
エールを送るページだと私は理解しています
従兄側の立場で 従兄の気持ちもわかって欲しいということなのでしょうが
たぶんkayokoさんが結婚してその状況になれば実感体感できると思いますが
結婚で知らない土地にきてその風習に馴染むというのは
相当大変なことです
特に核家族で育ってきている人は古い風習がない場合が多いですから
想像している大変さとはまた違うものがあります
従兄が家業に頑張っているのもわかりますが
結婚したのですから 少しは力配分を自分の家庭に向けて欲しいと思います
もう一人じゃないんですから
少なくとも私の場合は 私の変化はかなり大きかったのに
夫の変化はほとんどなく 今までどおり暮らしているのが
とーーっても腹立たしかったですね
もっと私に気を使え!と思いました
#ちなみに従兄のお嫁さんとは違う状況です
従兄は今までと同じ環境で同じ仕事を続けているわけで
お嫁さん側の ほかに頼る人がいない辛さ
右も左もわからない辛さというのは体験しないと理解できないと思います
もちろんお嫁さんも甘えてばかりいないで
自分でなれる努力はしないといけませんが
生活面で自分にとってはびっくりすることが当たり前だったりすることに慣れるのは
なかなか 順応性のないタイプには辛いでしょうね
常識ある人ならば相手の家族の文句は言わないほうがいい
と理解しているでしょうから
そのことを言ったということは相当耐えられない状況になっていたということでしょう
逆にそこまで言わせたのはその従兄でもあるのです
きっと二人の話し合いがもっと出来ていればよかったんでしょう
私が結婚して気づいたのは
男の人(少なくとも私の夫)は言わなければ気づかない
言ってもなかなかわかってくれないので何度も言う
ということが必要だということです
それだけ 恋愛と結婚は違うと思いました
#恋愛中は気づかなかったことなので
これから結婚されるkayokoさんは
出来るだけ話をする機会をとって 幸せになってください(匿名さん)

男性側の意見を〜という主旨でしょうが、単に自分の身内の環境を受け入れてもらえなかったことに対する身内の意見ですよね。
環境に適応してもらいたいのであれば、本人よりも周囲がその数倍努力してあげないといけないと思います。これに男も女も関係ありません。それでも適応できなければ、別れるということもお互いの幸せのための選択肢です。離婚=不幸ではないと思います。
従兄さん、お嫁さん、ご家族がどれだけの努力をなさったのかは、ここでの投稿では解りませんが、大人がそれと判断したことは尊重するしかないし、幸せになるための決断なのだと納得してあげるべきではないでしょうか。(PEPEさん)

これを言ったら身も蓋もないけど、結局夫婦のことって、その夫婦の子でさえ、わからないのですよね。
従兄弟さんの身内であるkayokoさんは、それでも中立の立場で考えようとしてると思うのですが
現実に共に暮らし、共に生きる夫婦二人の本当の思いは、他人には計り知れないものがあります。
生活するということは、それだけ様々な感情を抱え、お互いに思うところありながらということですから。
ただ、実は離婚する夫婦のそれぞれも、本当のところは何が正しくて、何が悪くてこなったのか
わかってないこともあるかもしれません。
互いに思いやったつもりなのに、それが当を得てなかったり、何かがすれ違っていたりで
相手を思うからこそできる溝もあるように思います。
愛しているのに、何かが上手くいかない。その何かは人それぞれですけど。
それに対して、たとえ親兄弟であっても、外野がアレコレ口出ししたり、判断したりするのは
余計なお世話だと思います(きつい言葉でごめんなさい)。
私は結婚して7年になりますが、人に見せている夫婦の顔と、実際の家の中の顔では
違う面が相当ありますし、他所から見た私たち夫婦の評価と、実際の私たち夫婦とは
下手すると180度違うんじゃ?ということもままあります。
幸いなことに、私たち夫婦はまだすれ違いや溝がほとんどなく、あったとしても
修復が困難なものではなく、比較的平穏に日々を過ごせているので、
「離婚とは(今は)遠いところにいる」
ただそれだけなのです。
いつ、何が原因で綻びが生じて、破綻してしまうかわからない、結婚生活って実はスリリングなのかも。
なんて、自分の周りのカップルを見てて思います。
離婚してる人、私の周りも多いんです。でも、その両方からお話を聞くことはあまりなく
一方からの話で判断はできないし、その選択が夫婦にとってそのときのベストであるなら
周りはそれを受け入れるしかないなぁって思います。
今、結婚式を目前にして、仲良しの従兄弟の状況に心痛めているのでしょうね。
でも、夫婦の生き様はそれこそ、夫婦の数だけ違うものです。
従兄弟さんたちが離婚したからと言って、同じ状況でも離婚しない人もたくさんいるし、
kayokoさんはご自分たちの理想とする夫婦像を追い求めて、日々共に努力すれば良いのです。
周りに流されたり、心弱くなったりしないで下さいね。
最後になってしまいましたが、ご結婚おめでとうございます。
幸せな笑顔で、当日をお迎えになりますように。(muraさん)

皆様方、色々とメッセージをありがとうございます。
この表題は、まさに心の動揺が一番に出ていて、文章の伝え方が非常に悪かったと反省しております。
ご気分を概された方、深くお詫び申し上げます。
私は相談をしたいというよりは、自分自身へ言い聞かせる気持ちがあったのだとは思いますが、これからお嫁さんになる人達にも伝えたかったのです。
それは、、
相手の家族の文句は言わないほうがいいではなく、不満の伝え方に気をつけなくてはいけないということでした。
従兄も従兄の奥様も頑張っていたと思います。ただ、核家族と古い家の習慣の違いに加え、家族の介護問題、事業問題、、同時期に出産もあり感覚のすれ違いからこういう結果になったようでした。どちらが間違っているとかではないけれど、ここの溝を埋める為には色んな努力が必要で、不満ばかりをお互いがぶつける様になってはいけないなということでした。どうしても、つい自分側の意見になるからそうなった時は、少し相手の気持ちを考えることも大切だということを忘れないでいたいということでした。
夫婦の生き様はそれこそ、夫婦の数だけ違う。
自分たちの理想とする夫婦像を追い求めて、日々共に努力すれば良い。まさにそれです。
これを伝える必要は全くなかったので、ご迷惑をおかけしました。そして、色々とありがとうございました!
私の場合は核家族の中へ入り、本家を築きあげなおすということがあったので、仕事の不安もあってそれが重なって感情的になってしまったと思います。すみませんでした。(kayokoさん)

関連コンテンツ 広告